ヘッドライン

【注意】東大阪市で身柄移送被告車から男性が逃走!「手錠が痛い」⇒手錠を外した結果、車から飛び降りて逃げる


11月9日早朝に大阪の東大阪市で薬物事件の被告の男性が、身柄を移送中に逃亡しました。
NHKの記事によると、逃げた男性は覚醒剤や大麻の事件で起訴された大植良太郎被告(42)で、この男性は保釈が取り消しとなって護送車で移動中に、「手錠がハマっている手が痛い」などと訴えだし、職員が手錠を外した瞬間に逃げたとのことです。

大植被告は身長が1メートル70センチぐらいで、やせ型で丸刈り、逃げたときは紺色のシャツに迷彩柄のズボンを履いていたと報じられています。大阪地検では先月30日にも収容予定だった被告の女が闘争する事件が起きたばかりで、地元住民からは怒りや不安の声が相次いでいました。

 

身柄移送被告車から逃走 保釈取り消され収容手続き中に 東大阪
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191109/k10012170741000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

9日早く大阪 東大阪市で、保釈を取り消された薬物事件の被告の男が身柄を移送される際に車から逃走しました。手錠をはめられた手を痛がったため、検察の職員が手錠を外したということで、検察と警察が行方を捜しています

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next