新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新聞「コープが停電で北海道電力に賠償請求」⇒コープさっぽろ「事実と異なる」「抗議した」


北海道新聞の内容に虚偽記載があるとして、コープさっぽろが抗議声明を発表しました。

コープさっぽろは北海道新聞が10月7日に取り上げた「コープ、北海道電力に賠償請求へ 停電で食品廃棄 9億6000万円損害」という記事の内容が間違っているとして、「センセーショナルな書き方になっており、甚だ遺憾であり、北海道新聞に対して抗議をいたしました」と言及。
続けて北海道電力に対して法的措置を取る考えは無いともコメントし、北海道新聞の内容に強く反発していました。

北海道新聞の記事は全国的に報じられ、ネット上でも一時的に話題のトップ記事になっていたところです。コープさっぽろがあえて観測気球を上げたというような説も浮上していますが、どちらが正しいのかは分かっておりません。

 

コープ、北海道電力に賠償請求へ 停電で食品廃棄 9億6000万円損害
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010001-doshin-hok

 コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。

10月7日(日)「北海道新聞朝刊1面掲載記事」に関して
https://www.sapporo.coop/corporate/content/?id=323

北海道胆振東部地震により犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともにご遺族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。また被災された皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、被災地の一刻も早い復興をお祈りいたします。

コープさっぽろといたしましては、生活物資の提供及び被災地応援行動をとおしまして復興に努めて参る所存です。

10月7日(日)北海道新聞の朝刊1、2面に、『コープ、北電に賠償請求へ 大停電 9億6000万円損害』のタイトルで記事が掲載されました。組合員さん及び関係各位に、ご心配とご疑念をお掛けすることになり、心よりお詫び申し上げます。

記事の内容は事実と異なり、かつ、センセーショナルな書き方になっており、甚だ遺憾であり、北海道新聞に対して抗議をいたしました。

1面のタイトルに『コープ、北電に賠償請求へ』とありますが、コープさっぽろが北海道電力に対して法的措置を取る考えはありません。

コープさっぽろとしましては、ブラックアウト(大規模停電)の原因と責任の所在を明確にすること及び電源の分散化や再生可能エネルギーの活用等、電力のあり方についての議論を進めることに意味があり、今後このような甚大な被害にならないように再発防止対策を含めて問うていければと考えております。

組合員さん及び関係各位に、ご心配とご疑念をお掛けしたことに対しまして重ねてお詫び申し上げます。

生活協同組合コープさっぽろ

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!