新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

九州で太陽光発電などの一時停止を検討へ!九州電力「原発は止めるの困難だから太陽光ストップ」


九州地方で太陽光発電などの一時停止が検討されているとNHKが報道し、ネット上が騒然となっています。

報道記事によると、九州地方では太陽光発電などが急増した影響で電力の発電量が多くなり、秋に入って電力の供給が需要を上回って需給のバランスが崩れる恐れがあることから、太陽光発電などを一時的に止める方向で検討しているとのことです。
九州地方は大量の電力が余っている状態で、余剰電力を四国地方や中国地方に融通しても対応が追い付いてないと報じられています。

太陽光発電などを一時的に停止させる「出力制御」が実施されれば、全国で初の事例になる見通しです。この出力制御について国民からは「原発を止めれば解決する!」「なんで太陽光発電を減らすんだ」と反発の声が相次ぎ、九州電力の対応に疑問が殺到しています。

九州地方では川内原発と玄海原発が再稼働しており、合わせて4基が常時400万キロワット以上を供給中です。九州電力は原発を止めるのは困難と説明していますが、だからこそ事前に原発を止めるべきとの声が高まっています。

 

太陽光発電に停止要求の可能性「秋に入り供給過多」理由に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181008/k10011663711000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

九州地方では秋に入って電力の供給が需要を上回って需給のバランスが崩れるおそれがあり、大規模な停電を防ぐために全国で初めて、太陽光発電などを一時的に停止させる「出力制御」が実施される可能性が出ています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!