新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日露首脳会談、日本が2島先行返還に方針転換!プーチン大統領は「米軍基地無し」の合意要請!

*官邸
11月14日に安倍晋三首相はロシアのプーチン大統領と日露首脳会談を行い、その中で日本側の方針を変更していることが分かりました。
今まで日本は原則として北方領土の「4島一括返還」を要請していましたが、早期の交渉成立を目指して安倍晋三首相は2島先行返還の方向で交渉をスタートさせたと報じられています。

メディアの取材に応じた安倍政権の幹部も「国後、択捉の2島にはあれだけ人が住んでいるんだから、ロシアが返還するわけはないだろう」とコメントしており、2島先行返還を軸にしていると認めました。

ただ、ロシア側は日本に対して、北方領土を日本に引き渡した場合、アメリカ軍の基地を置かないことを安倍晋三首相とトランプ大統領で合意するように要求していることから、2島先行返還もハードルが高いと言えるでしょう。
北方領土を巡る問題は日本とアメリカの基地問題にも飛び火する可能性があり、今後も交渉の推移を見守りたいところです。

 

首相「2島先行返還」軸に日ロ交渉へ 4島一括から転換
https://www.asahi.com/articles/ASLCG74Z7LCGUTFK01M.html

 安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した。56年宣言は平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島の2島を引き渡すと明記している。日本政府は従来、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の2島も含めた北方四島の一括返還を求めていたが、首相は今後の交渉で2島の先行返還を軸に進める方針に転換した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!