元プロ野球選手の大島康徳さん、抗がん剤の変更でブログに苦悩 抗がん剤治療の効果に賛否も 起源は毒ガス・マスタードガス


元プロ野球選手で今は野球解説者として活動をしている大島康徳さんがブログを更新し、大腸がんで抗がん剤治療の変更を悩んでいると報告しています。大島さんはしばらく前から肝臓にもがんが転移しており、それに合わせて抗がん剤治療薬を変更するように医師側から要請があったと報告。

大島さんはブロク上で「先生の考え方やお気持ちは十分理解しております。もう新しい薬での治療に切り替えるタイミングはずいぶん前から来ているのですから… 大島さん!早く決断して下さい!ということだと思います。でも、私は粘ります。来月受けるPET-CTの結果が出るまでは、少なくとも変えるつもりはないのです」と述べ、自身はまだ今の薬を変えるつもりはないとコメントしています。

この記事はファンを中心に注目を集め、大島さんへの応援コメントと同時に、抗がん剤治療の是非に関しても議論が巻き起こっていました。

抗がん剤を巡っては「人体に有害だ」という話があり、専門家や国によっても意見が割れているところです。元々抗がん剤の起源は第一次世界大戦で使われた毒ガス・マスタードガスで、細胞分裂の阻害を引き起こす効果を強化したのが抗がん剤だと言われています。
現在の抗がん剤は色々と改善されていますが、それでも根本的な副作用は残ったままです。

医師によっては抗がん剤治療を強く勧めてくるところもあるようで、抗がん剤のリスクは治療を受ける前にシッカリと把握しておくべきだと言えるでしょう。

 

先日の血液検査の結果は
https://ameblo.jp/ohshima-yasunori/page-10.html

2018-11-29 19:11:00
テーマ:ブログ

少し遅くなりましたが治療前に受けた血液検査の結果についてお話させて頂きます。
治療を受ける為の条件は全てクリア。

内蔵の機能も大丈夫。

腫瘍マーカーは緩やかな上昇傾向が続いていて今回も数値は上がっています。

が!大きく上昇しているということでもありません。

こして、これは血液検査ではありませんが血圧も安定しています。

つまり私の体調は悪くありません。

なので…抗がん剤の薬を変える!という決断が出来ずにいる状況が続いているわけです。

先生の考え方やお気持ちは十分理解しております。

もう新しい薬での治療に切り替えるタイミングはずいぶん前から来ているのですから…

大島さん!早く決断して下さい!

ということだと思います。

でも、私は粘ります。

来月受けるPET-CTの結果が出るまでは、少なくとも変えるつもりはないのです。

先生のお気持ちは分かります。妻の気持ちも分かります。

でも
受けるかどうかを決めるのは私自身なのですから

マスタードガス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9

マスタードガスは遅効性であり、曝露後すぐには被曝したことには気付かない。皮膚以外にも消化管や、造血器に障害を起こすことが知られていた。この造血器に対する作用を応用し、マスタードガスの誘導体であるナイトロジェンマスタードは抗がん剤(悪性リンパ腫に対して)として使用される。

ナイトロジェンマスタードの抗がん剤としての研究は、第二次世界大戦中にアメリカ合衆国で行われていた。しかし、化学兵器の研究自体が軍事機密であったことから、戦争終結後の1946年まで公表されなかった。一説には、この研究は試作品のナイトロジェンマスタードを用いた人体実験の際、白血病改善の著効があったためという。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    ガンについての真実はこちらをご覧ください。

    http://rapt-neo.com/?p=40310 癌という病気は存在しない。(前編)
    http://rapt-neo.com/?p=40377 癌という病気は存在しない。(後編)
    http://rapt-neo.com/?p=44568 悪の巨塔・日野原重明

    「癌」という病気はこの世には存在していません。
    すべては「癌利権」のため。
    オプジーボの薬剤費は、4割値下げで1人あたり年間1090万円。

    人間の細胞は一日に「3000億」個も新しい細胞と入れ替わっているのです。(ちなみに、人間の体にある細胞の数は全部で約60兆個だそうです。)
    だからこそ、
    体の中にできた小さな出来物(腫れ物)も、体の外にできた小さな出来物も、同じようにいずれ自然と死滅していくようになっているのです。

  • 匿名 より:

    抗がん剤は猛毒ですからね
    看護師は完全装備で扱わないとならないからね
    防護服着用は当然で使用した衣類は廃却だからね

    それを人間の身体に投入するのだから・・・

  • 匿名 より:

    薬剤師の求人広告の売りは「抗がん剤調剤ロボットあります」
    近寄ることすら危険
    抗がん剤を投与された患者の汗すら猛毒の危険物と化すため、洗濯は必ず別
    そんなものを体に入れる?
    樹木希林さんは「抗がん剤の危険性を訴える医師」のもとで全てのガンが消失・治療終了
    今年、大腿骨骨折をきっかけに衰弱するまで第一線で活躍されました

  • 匿名 より:

    抗がん剤を投与された患者の病室の換気扇フィルターすら危険物になる
    抗がん剤なんて時代遅れで、まだ有難がるのは日本人くらいだから、「在庫処分場」扱い
    「米の欠陥兵器・型落ち兵器の処分場(ボッタクリ価格)」でもある
    さらに、麻生とヴェオリアが日本を世界の核のゴミの処分場にする計画が着々と進行中

  • 匿名 より:

    一般人のガン闘病ブログ・ガン関連のツイッターが激増
    どうも話題のシリカシンター・パウダーでガンがいきなり縮小するケースが多いもよう
    アメリカの最先端ガン治療薬の有効成分や、医療用大麻の主成分と同じものだということで、
    注目しています
    逆パターンで、ブログ主が抗がん剤を投与されてから急激に衰弱する様子も、本人の言葉で克明に記録されています

  • 匿名 より:

    抗がん剤反対派の医師でも、血液のガンだけは「抗がん剤投与やむ無し」と考える例もある
    急性白血病などは進行が早いから、一気に叩く必要があるのかな
    高濃度ビタミンC点滴療法の診療科目に急性白血病が入っているんだけど、体に負担がかからない代替療法は複数やってみて損はないと思う

  • 匿名 より:

    ・ガン細胞は正常細胞の3〜8倍のブドウ糖を必要とする
    ・ブドウ糖摂取を止めると、皮下脂肪•内蔵脂肪が分解、「ケトン体」が栄養素になる
    ・正常細胞はケトン体で生きられるが、ガン細胞は生きられない
    ・ブドウ糖遮断•ケトン体食事療法は末期ガン患者の7割に有効の臨床データ

  • 匿名 より:

    がん細胞の栄養源を断って死滅へ
    〜臨床データで末期がん患者の7割に有効〜
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/62331

  • 匿名 より:

    どんな癌に使うのか、ステージによっても効果は違う。
    今回みたいに遠隔転移してるなら、正直抗がん剤使っても根絶は厳しいかもしれない。
    進行を緩やかにする程度。
    この状況なら、医者も強く抗がん剤治療すすめずに緩和ケアをすすめる者もいるだろう。
    ただ浸潤し始めの癌には、転移する前に急速に叩くためにも抗がん剤は有効ですよ。
    逆にこの期間に使うのを渋っていると、その間に浸潤して血液に乗って癌細胞が体中に散らばる。
    そして他の臓器に転移すれば、そこから抗がん剤を使っても既に手遅れになるケースは多い。
    だから早期発見、早期治療が重要なんです。
    体の外にできた腫瘍と体の中にできた腫瘍を同等にみるのはどうでしょうか。
    血管の多い粘膜にできるもの、また腹水に癌細胞が浮遊すれば、体の外にできる癌とは比較できないほど他臓器に転移していきます。
    細胞分裂のスピードも違いますので、自然治癒が追いつくより先に癌細胞が増殖します。
    皮膚は全ての細胞が入れ替わるのに1ヵ月かかりますが、胃の粘膜は3日で全て入れ替わる。
    手術で採るのも放射線治療にも副作用はあります。
    要は、どんな治療法も適切な時期に適切に用いないと効果は無いという事。

  • 匿名 より:

    ガンが酷くなると食欲低下して、食事量が低下する。抗ガン剤を使用すると、それがもっと酷くなる。
    そうなると病院では点滴で栄養を補給する様になる。ただその点滴の主成分はブドウ糖。
    ブドウ糖はがん細胞の餌になるので、ガン細胞の動きが活発化する。
    ガン細胞が活発化すると医者は抗がん剤の量を増やす。
    という負の連鎖が起こるっていう理屈があって、俺はこの理屈は真っ当なだと思っている。

    海外で医療大麻がガンに有効と言われるのは、大麻を摂取すると食欲が出るということ、主成分であるCBDがガン細胞の増殖を抑える働きがあること、またもう一つの主成分であるTHCがガン細胞を死滅させる働きがあること、そしてTHC自体は体内でも生成されているらしく、体内の機能調整を行うメカニズムとして働いていると。
    まだまだ研究が進んでいない分野なので、エビデンスとしては弱いのかもしれないが、現在の医療をもってしても日本では死因第1位の病気だし、早急に取り入れた方がいいと思う。
    他のドラッグへのゲイトウェイ理論とかも医療大麻を解禁した国の多くの研究では否定されてるしね。
    韓国やタイ、マレーシアなども医療大麻を導入するみたいだし、日本もそれに追従してもいいんじゃないか?

    否定する人達の気持ちも分かるけど、何にも知らず、調べもぢないで、イメージだけで悪と決めつけていたら勿体ない物だと思う。

  • 匿名 より:

    アフター311のガンだと、体の中に放射線源があって発症するケースも多そう
    シリカシンターが効果があるのは、それを非放射性にできるからでしょう
    それは抗がん剤にはできない仕事
    食べ物の産地をあまり気にして来なかった患者は試して損はなさそう

  • 匿名 より:

    放射性核種に関しては医療畑とはジャンルが違うから、製薬会社が万能とも思えない
    私なら万一の場合は良さそうなものがあれば、積極的に自分の意思で試したいな

  • 匿名 より:

    謎の治療法をここに書いてる奴なんなの?
    ブドウ糖断ちにしても抗がん剤と併用して効果があったって奴だし
    単独でやって効果があったってデータは殆ど無い
    ちゃんとしかるべき試験つまり二重盲検法やってない治療法にはなんの価値もない

  • 匿名 より:

    血液のがんとごく一部のがん以外は抗がん剤で直ることはない
    大部分の抗がん剤は費用がかかって、苦しんで、少し余命が延びるものでしかない
    大島氏は抗がん剤治療をやめるべきだ

  • 匿名 より:

    『アメリカでは、政府機関の国立がん研究所が抗がん剤の無効性、有害性を認めたため、無視を決め込むわけにはいかなくなった。そこで、東部の約20の大学・研究機関の参加による大がかりな抗がん剤の合同研究が実施された。その結果↓
    「抗がん剤は “無効” どころか、打てば打つほど患者を死亡させる!」
    「代替療法にくらべて、抗がん剤、放射線、手術のがん”3大療法”は無効かつ危険」
    …これほどのビッグニュースはない。新聞の一面トップで報道するにふさわしい。
    だが、しかし、やはり世界のメディアは黙殺した。』
    詳しくは「抗がん剤で殺されている日本人 がんの3大療法を否定したOTAリポート」
    2014.1.12 阿修羅掲示板より、大島氏!全文とコメント必読です!

  • 匿名 より:

    ここの人は医者にでもなったらいい。いいガン治療医になれるぜ(笑)

  • 匿名 より:

    アメリカでガン治療医・研究者がより集まって研究した結果、
    「抗がん剤、要らんな」ってなったの、説得力ありすぎ

  • 匿名 より:

    日本は世界で使われなくなった薬品の在庫処理係らしい。。。
    ワクチンも辞めた方が良いかも・・・
    じゃあ何を信じたら良いのか?   この国は外面ばっかじゃん。

  • 匿名 より:

    急性白血病だけは抗がん剤を投与すべき
    なぜならよく効く可能性が高いから

  • 匿名 より:

    大腸がんを放置して治ったケースはあるのだろうか。
    胃がんや乳がんでは聞くが、大腸がんでは聞いたことがない。
    ブログなどを読むと、大腸がんなら副作用の少ないFOLFOX療法で様子見して、
    肺や肝臓に転移した場合は、放射線治療というのが一番寛解しやすいみたいだ。
    ただし放射線治療で骨折したケースもあるので、やはり万人受けする治療法はないのだろう。

  • 匿名 より:

    医学界から天敵として嫌われている近藤誠氏によれば
    「血液のがんなどの特殊ながんを除き、胃がん、肺がん、大腸がんなどのいわゆる固形がんは、治療しても延命効果は期待できない。がんは基本的に放置しておくのが一番」
    近藤誠氏とは:慶応医学部を首席で卒業、アメリカで放射線医学を学び、母校で講師に。しかし主流だった乳がん全摘手術に異を唱え、乳房温存療法を公に主張して出世コースから外れる。しかし患者同士の口コミで、乳房温存療法の優秀さが拡がり、今ではスタンダードに。

  • 匿名 より:

    その近藤医師ですら大腸がんの肝転移については手術すれば寿命が延びるといってる。
    肝転移を生じた場合、手術や抗がん剤治療を行わないと2年でほとんどの患者は亡くなる。

  • 匿名 より:

    2018年12月3日10:48PMさん
    近藤医師が大腸がんの肝転移には手術を勧める理由の詳細を知りたいのですが、どこでその情報を得られましか?
    論文などがあれば、ぜひご紹介下さい
    CiNiiで読んでみます

  • 匿名 より:

    >2018年12月3日 11:08 PM
    「例外的なのは、大腸がんの肝移転ですね。転移の数が1つとか3つとか個数が限られている人は手術で切除すれば、寿命が伸びる可能性がある。」(近藤誠『がんを忘れたら、「余命」が延びました』)
    ただし、その理由は書かれてません。単に幕内三兄弟の次男が日本で始めたからとしかありません。近藤氏が何を根拠にしたのかは不明ですが、海外の研究例を見ると、肝転移を切除したほうが生存率が上がっています。そういった研究を参考にしたのか、あるいはご自身の経験からそう感じたのではないかと思います。
     
    「肝転移の手術を受けた58カ国の330のセンターからの13,334人の患者を対象とした肝臓検診の結果は、肝転移の初回切除を受けた患者の生存率が良好であった( 45 )。 最近の体系的な1999-2010年のレビューでこれらの結果が確認され、肝切除後の肝転移が16-74%(中央値、38%)の患者の5年生存率が明らかになった( 46 )」
    The surgical treatment of patients with colorectal cancer and liver metastases in the setting of the “liver first” approach
     
    「これらのデータを総合すると、適切に選択されたCRLM(結腸直腸癌)患者が肝臓の肝切除を受け、続いてアジュバント全身療法+ HAIを受け、78%の5年生存率を達成することができます」
    Colorectal Cancer Liver Metastasis: Evolving Paradigms and Future Directions
     
    「結腸直腸癌からの肝臓転移は、未治療のまま放置した場合、平均生存期間が5~20ヶ月である。 2年生存率は異常であり、5年生存率は極めてまれである」
    Current treatment for colorectal liver metastases

  • 匿名 より:

    2018年12月4日6:34PMさん
    詳しく教えて下さり、有り難うございました
    あの近藤誠氏が「例外的なのは、大腸がんの肝移転ですね」と言うのは、長年の経験からというのもあるかも知れませんね
    例外もあるので、やはりガンは難しいです