日本政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退、世界中から批判の声が相次ぐ!豪州とNZが失望を表明 日本製品のボイコットも

*IWC
12月26日に日本政府が正式に国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した問題で、世界中から日本への批判が相次いでいます。オーストラリアやニュージランドは「失望した」との声明を発表し、日本が捕鯨再開に踏み切ったことを強く批判しました。
ニュージランドのピーターズ副首相兼外相は「捕鯨は時代遅れで不必要な行為だ」と述べ、捕鯨行為そのものが時代遅れだと指摘。

逆に日本政府の対応を批判した環境保護団体グリーンピースのツイートが1000回以上もリツイートされ、海外のSNSには日本製品のボイコット運動を呼び掛ける意見もありました。捕鯨問題について欧米諸国の大半が反捕鯨の立場で、多くの国が今回の日本政府の対応に懸念を表明しています。

 

日本の「IWC脱退に失望」=反捕鯨の豪州とNZ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000052-jij-asia

【シドニー時事】反捕鯨国のオーストラリアとニュージーランド(NZ)は26日、日本が商業捕鯨の再開に向けて国際捕鯨委員会(IWC)を脱退すると発表したことを受けて「失望した」と批判した。

IWC脱退で批判コメント相次ぐ
https://this.kiji.is/450846474058073185?c=39546741839462401

「悲痛なニュースだ。われわれはこの威厳ある生き物と、その生息域を保護しなくてはならない」と書き込んだ環境保護団体グリーンピースのツイートは、約1650回リツイートされ、千以上の「いいね」が付いた。あるユーザーは「日本の新車購入をやめることが、彼らにダメージを与える最も手っ取り早い方法だ」と日本車のボイコットを呼びかけ。
別のユーザーは「今度、日本をツナミや地震が襲っても、笑わないよう努めるよ」と書き込んだ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    海外で生活し働いて居る日本人が、事有る毎に、きっと意見を求められ続けるだろうな。この日本政府の決定に、国民の賛否の比率はどうなっているのだろうか。まあ、日本政府はそんな事はこれっぽっちも関心は無いだろうけれど。国民の意思はこの政権には関係無く、ドンドン逆方向に時を戻しているように見える、今日この頃だ。

  • 匿名 より:

    畜養は時代遅れで不必要な行為だ

  • 匿名 より:

    内容はどうでもいいんだよなあ

    統一教会による日本が負けさせるための準備の一つ

  • 匿名 より:

    政府のIWC脱会手続きは憲法違反の疑い
    国会の承認抜きで進めた。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201812/CK2018122702000147.html

  • 匿名 より:

    君らあんまり信じれんかもしれんが、シー・シェパードは日本の脱退を歓迎しとるぞ。
    理由は南氷洋での捕鯨を阻止する結果になったから。

  • 匿名 より:

    クジラが増えすぎて漁獲量に影響が出てる、が事実ならIWCは機能不全。
    クジラを守る会に入ってても仕方ないから脱退しても得しても、損失が無いように思える。
    あとは差別主義者の玩具になることを、日本人がどの程度受け入れられるかだな。

  • 匿名 より:

    知性も理性も無いサイコパスはアクセルだけはあるから、〇〇にとってはすこぶる使い勝手の良い駒のようだ。 
    日本国民にとっては取り返しの付かない事を平気で実行し続ける。。。
    まさしく日本をぶっ壊す政権。

  • 匿名 より:

    来年、環境の国際会議を開くんだよね?
    コンビニのプラスチック袋禁止じゃなかったっけ?
    日本に環境問題を語る資格なし。
    どこの国が、日本を信用するのさ?
    日本は、国際連盟脱会の悪しき前例がある……。
    戦後、70年かけて築いてきた信用が無くなった。
    日本を落としめているのは、日本政府と、それを擁護する者たち。

  • 匿名 より:

    マルハニチロも日水もクジラ漁をする予定まったく無い。
    イオンも取り扱う予定無し。
    私には「おいしくない」という記憶があるのだが・・・
    好き者が食べる量くらい現状のままでよかったんじゃねぇの。
    アベ政権の“やってる感”を演出するためでしょ。
    ばかやってんじゃねぇよ!!

  • 匿名 より:

    今年,小笠原に観光に行って,Whale Watching てのに参加した。ザトウクジラがまぁまぁの距離から見えたけど,「日本の領海とEEZで」って小笠原近海も含まれるんだろう。
    ザトウは捕獲対象ではないようだが,ザトウが商業捕鯨をいやがって小笠原近海からいなくなったら誰が責任取るんだろうね???
    小笠原の貴重な観光資源だぞ!
    あと鯨肉はおいしくないよ!!

  • 匿名 より:

    〉来年、環境の国際会議を開くんだよね?
    クジラを守ろうの会なんだから、別に問題無いと思うよ。一国の食文化を止めさせることに固執しすぎだね。
    環境保護団体ではないし、加盟し続けるメリットが無い。

  • 匿名 より:

    クジラ肉、伝統ある食文化かぁ?
    無くても何も困らないがなぁ・・・

    必要性は?

    行着くところは利権だな

  • 匿名 より:

    〉無くても何も困らないがなぁ・・・
    辺野古を埋め立てしても困らないよなぁ。

  • 匿名 より:

    米軍基地が無くても困らないよなぁ

  • 匿名 より:

    ウチの地元はもともと捕鯨基地があった土地柄のため、いわゆる「町おこし」の一環として商業捕鯨再開を喜んでいるよ(まあ外国人は呼べないかもしれんが(笑))。
    今は閑古鳥が鳴いているクジラ屋さんも、これで再び活況を呈する、と期待しています。
    そういうところは結構多いのではないでしょうか?
    クジラが美味い、不味いは「個人の感想」ですので何とも言えませんがね。

  • 匿名 より:

    そうだよな。
    自民党の捕鯨議員連盟の会長の鈴木俊一の選挙区の岩手県の山田町(鈴木俊一の生まれ故郷)で、昔は捕鯨で成り立った街らしいからね。そういう意味では商業捕鯨再開は悲願だったんだろうさ。

  • 匿名 より:

    >行着くところは利権だな
    多分利権なんか無くなったから、あっさり調査捕鯨辞めます宣言なんだと思うよ。実際調査捕鯨は大赤字で辞めたいってのが本音だったろうし。
    上にコメントしてる人もいるけど大手水産会社は捕鯨は金にならんから、商業捕鯨再開してもやらんって宣言してるし、ナショナリズムを煽りながら捕鯨自体は縮小すると思うね。

  • 匿名 より:

    反捕鯨国が騒いでるのって、各国の団体の予算が、減らされるからじゃない?やっぱり、悪役がいた方が盛り上がるしさ。需要は限定的だし、逆に水揚げ量は減るかもね。

  • 匿名 より:

    鯨肉を生業にしてる飲食店の店主がコメントしてたけど…
    鯨を食べる文化も廃ってて
    珍しさに一時的に客足増えるかもしれないけれど
    それがリピートに繋がるかは???
    まあ、人口比率的に考えて
    鯨を食べてた世代が多くなるわけだから
    多少は流行る?かもしれないけどね
    現代人にはウケないかもな

  • 匿名 より:

    クジラ・・・。まぁ、食わないな。

  • 匿名 より:

    全体を考えると、捕鯨再開は良きことだと思います。
    また、捕鯨反対中心のオーストラリアは牛肉の輸出国ですしね

  • 匿名 より:

    ライブドアニュースにこんなのがあった。
    日本の「クジラIWC」脱退なぜ?安倍首相・二階幹事長の地元は捕鯨ビジネスの拠点
    2018年12月27日 15時38分 J-CASTテレビウォッチ
    >沿岸捕鯨の盛んな和歌山・太地町を選挙区に持つのが自民党の二階俊博幹事長で、捕鯨船の拠点である下関は安倍首相の地元だ。
    つまり、地元(の票)が重要ということかな?
    日本の食文化や文化を守る、という考え方もあるだろうが、
    これが首相、幹事長の地元じゃなかったら、こうした判断になっただろうか? と、考えてみることも、必要だろうな。

  • 匿名 より:

    ぶっちゃけどっちでもいい
    海外だって興味あるの一部でしょ
    実害でもなきゃ関心ないよ

    やばかったのはイルカだけ

  • 匿名 より:

    あなた達の中で牛も豚も鳥も食べない者が、まず、捕鯨国に石を投げなさい・・・

  • 匿名 より:

    クジラも養殖出来ればこんなに騒がないのでは?