新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退、世界中から批判の声が相次ぐ!豪州とNZが失望を表明 日本製品のボイコットも

*IWC
12月26日に日本政府が正式に国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した問題で、世界中から日本への批判が相次いでいます。オーストラリアやニュージランドは「失望した」との声明を発表し、日本が捕鯨再開に踏み切ったことを強く批判しました。
ニュージランドのピーターズ副首相兼外相は「捕鯨は時代遅れで不必要な行為だ」と述べ、捕鯨行為そのものが時代遅れだと指摘。

逆に日本政府の対応を批判した環境保護団体グリーンピースのツイートが1000回以上もリツイートされ、海外のSNSには日本製品のボイコット運動を呼び掛ける意見もありました。捕鯨問題について欧米諸国の大半が反捕鯨の立場で、多くの国が今回の日本政府の対応に懸念を表明しています。

 

日本の「IWC脱退に失望」=反捕鯨の豪州とNZ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000052-jij-asia

【シドニー時事】反捕鯨国のオーストラリアとニュージーランド(NZ)は26日、日本が商業捕鯨の再開に向けて国際捕鯨委員会(IWC)を脱退すると発表したことを受けて「失望した」と批判した。

IWC脱退で批判コメント相次ぐ
https://this.kiji.is/450846474058073185?c=39546741839462401

「悲痛なニュースだ。われわれはこの威厳ある生き物と、その生息域を保護しなくてはならない」と書き込んだ環境保護団体グリーンピースのツイートは、約1650回リツイートされ、千以上の「いいね」が付いた。あるユーザーは「日本の新車購入をやめることが、彼らにダメージを与える最も手っ取り早い方法だ」と日本車のボイコットを呼びかけ。
別のユーザーは「今度、日本をツナミや地震が襲っても、笑わないよう努めるよ」と書き込んだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!