新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

横綱・稀勢の里が現役引退へ!日本出身の横綱が不在に・・・ 相撲ファン「よく頑張った」「怪我を治していれば」

*横綱
大相撲の横綱・稀勢の里が現役引退を発表し、相撲ファンを中心に驚きの声が相次いでいます。稀勢の里は一昨年1月に若乃花以来19年ぶりの日本出身の横綱となりましたが、横綱日馬富士との試合で左の胸や腕を怪我をするも、しばらくは試合を続けていた影響で容態が悪化。途中休場を繰り返して、最終的には引退を決意したと見られています。

取材を受けた稀勢の里の師匠の田子ノ浦親方は「一生懸命、全力で相撲を取っていたが、思うような相撲が取れないというのが一番。横綱は、結果を出さないといけないですから」と述べ、本人の意思は固いと強調しています。

相撲ファンからは「よく頑張った」「応援していたのに残念」「日本人の横綱が・・・」などと引退を惜しむコメントが相次いでいました。近年の相撲業界は外国人力士の活躍が目立ち、日本出身の力士が減っていることに反発や不満も多いです。

 

横綱 稀勢の里 現役引退へ 日本出身の横綱が2年で不在に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190116/k10011779401000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

大相撲の横綱 稀勢の里が現役を引退することになりました。稀勢の里の引退で19年ぶりに誕生した日本出身の横綱がわずか2年で不在になります。稀勢の里は16日午後、引退会見を開くことにしています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!