新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

GPIFの年金運用、マイナス14兆8039億円で過去最大の赤字に!2018年末の暴落で吹き飛ばす!今年も減少傾向・・・


2月1日に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が昨年10月~12月期の運用結果を発表しました。

GPIFによると、昨年末は株価急落が直撃したことで、過去最大の14兆8039億円の赤字になったとのことです。前例がないほどの大損失となり、今年も株価が上昇しなければ損失金額は拡大することになると見られています。

GPIFや日本銀行は株価を上げるために買い支えを繰り返していますが、今では買い支えを止めると株価が急落してしまうことから、撤退したくても出来ない状態になってしまいました。高値買いのポジションがドンドン積み上がっている状態で、ちょっとした急落でも数兆円規模の損失が発生してしまっているのです。
今後の見通しも不透明で、このまま限界まで株価の買い支えを続けることになるでしょう。

 

年金運用、過去最大14兆円超の赤字
https://this.kiji.is/463959909164745825?c=39546741839462401

年金積立金管理運用独立行政法人は1日、昨年10~12月期の運用結果が14兆8039億円の赤字だったと発表した。世界的な株安が影響した。四半期ごとの赤字額では過去最大となる。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!