新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

2018年の実質賃金0.2%増、マイナスの参考値は公表せず!厚生労働省


2月8日に厚生労働省が2018年度の実質賃金を発表しました。厚生労働省によると、2018年の実質賃金は速報値で前年比0.2%増になったとのことです。実質賃金とは金給与総額(名目賃金)の伸びから物価変動の影響を差し引いた数字で、国民が実際に使えるお金の目安となっています。
野党は「2018年1月に調査手法を変更した影響を除いた参考値で実質賃金がマイナスになる」と追求していますが、参考値の数字は非公開でした。

参考値の数字が注目されていただけに、参考値を非公開にした厚生労働省に批判が相次いでいます。

 

18年実質賃金、0.2%増=参考値は公表せず-厚労省
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000029-jij-po

厚生労働省が8日発表した毎月勤労統計調査の2018年平均(速報値)は、現金給与総額(名目賃金)の伸びから物価変動の影響を差し引いた実質賃金が、前年比0.2%増となった。
プラスは2年ぶり。ただ勤労統計の不正問題をめぐり、野党が求めていた17、18両年に調査された事業所の「参考値」については、名目、実質ともに公表を見送ったため、激しい反発を招きそうだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!