新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【重要】福島第一原発二号機、初めてデブリと接触!溶けた核燃料の融合体 2021年から取り出し開始予定


2月13日に東京電力は初めて福島第一原発二号機で溶けた核燃料の融合体である「デブリ」に初めて接触することが出来たと発表しました。

東京電力によると、調査は2月13日朝7時すぎから始まり、棒状の装置を原子炉の真下のエリアまで入れて、先端部分を釣り糸のように格納容器の底まで垂らし、デブリを掴めるかどうか調べたとのことです。調査をした6か所のうち4か所で堆積物を動かすことが出来たことから、東電は「デブリを動かせる」と判断して取り出し作業を検討するとしています。

取り出しの時期は2021年頃を検討中で、これから具体的な計画を作る見通しです。ただ、デブリの内部の状態や線量は不明で、実際に作業をするまでわからない部分も多いと言われています。

 

↓福島第一原発二号機の内部写真 出典:東京電力ホールディングス

福島第一原子力発電所2号機 原子炉格納容器内部調査 ~2月13日調査速報~
https://photo.tepco.co.jp/date/2019/201902-j/190213-01j.html

「燃料デブリ」動かせること確認 福島第一原発2号機
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190213/k10011813931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

福島第一原子力発電所2号機で13日、デブリとみられる堆積物に直接触れる調査が初めて行われ、東京電力は小石状の堆積物を動かすことができたと発表しました。2号機では、来年度後半に少量の堆積物をサンプルとして取り出すことを計画していて、東京電力は、調査結果をもとに具体的な取り出し方法を検討することにしています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!