新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】安倍首相が政府対策本部の設置を指示!緊急事態宣言が可能に!「新型コロナが蔓延の恐れ」

*官邸
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍晋三首相が政府対策本部の設置を指示しました。

3月26日の記者会見で安倍首相は先日の東京都の発表について、「(新型コロナウイルスの)まん延のおそれが高いと認められる」と述べ、政府全体として動く必要があると強調。
更に感染者数が爆発する可能性があるとした上で、特別措置法に基づく「政府対策本部」の設置を決めました。

この政府対策本部は緊急事態宣言の前提条件でもあり、各都道府県にも同じく「対策本部」が設置され、緊急事態宣言が発令された場合は全国で強い権限を使って一斉に対応することが可能となります。
緊急事態宣言が発令されると自粛よりも厳しい指示や私権制限も可能となることから、住民生活への影響も非常に大きいです。

緊急事態宣言を発令するには、「国民の生命や健康に著しく重大な被害を与えるおそれがある」と判断され、「国民生活と経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある」と政府や専門家が認定する必要があります。
現時点では「緊急事態宣言は即座に出す状況ではない」としていますが、その下準備は着実に進んでいると言えるでしょう。

 

新型コロナ特措法基づく対策本部設置へ「緊急事態宣言」可能に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200326/k10012351111000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることなどを踏まえ、安倍総理大臣は加藤厚生労働大臣、西村経済再生担当大臣と会談し、先に成立した特別措置法に基づく「政府対策本部」を設置する方針を決めました。国民生活と経済に甚大な影響を及ぼすおそれなどが生じれば、総理大臣が「緊急事態宣言」を行うことが可能になります。


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!