新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【警鐘】世界3大投資家のジム・ロジャーズ氏「30年後の日本は危機的状況に」「私なら日本を去る」

*ジム・ロジャーズ
世界三大投資家として有名なジム・ロジャーズ氏が再び日本に向けて警告のコメントを出しました。

ジム・ロジャーズ氏は自身の最新書籍お金の流れで読む日本と世界の未来」の中で日本について、「国民全体が不満を覚えて国が破綻に向かう時は、怒り、バイオレンス、社会不安が募るものだ。日本だけはそうならないと言う人もいるが、これはどの国でも起こる社会現象だ。殺人を含め、さまざまな形の犯罪が増えるだろう。30年後にはそれだけ社会問題が深刻になるから、自分の身を守るため、あるいは革命を率いるための方法が必要であると言いたかったのだ」と述べ、30年後の日本は少子高齢社会と大量の借金で国全体が大荒れになると指摘。

そして、今の日本に追い風は吹いてないとして、「個人的に本当に好きで評価している国だが、その日本が50年後か100年後には消えてしまうのは心から残念でならない」などと日本が国単位で消える恐れもあるとコメントしていました。

ジム・ロジャーズ氏は数年前から日本の少子高齢化や社会問題は止められないレベルになったと言っており、2017年にも「もし私がいま10歳の日本人ならば、自分自身にAK‐47(自動小銃)を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。なぜなら、いま10歳の日本人である彼、彼女たちは、これからの人生で大惨事に見舞われるだろうからだ」というような発言をしています。

日本においてはトンデモ発言や極論としてネタ扱いにされている部分も見られますが、世界経済を正確に予測して大成功したジム・ロジャーズ氏の発言だけに、とても意味深だと言えるでしょう。

 

「2050年の日本は犯罪大国になる」とジム・ロジャーズが予測する理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190221-00194291-diamond-soci&p=1

 ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏と並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ氏。彼は、これまで独自の投資眼からリーマンショック、トランプ当選に至るまで、数多くの「予言」を的中させてきた。そんな伝説の投資家は、日本と東アジア経済の未来をどう見るのか。ロジャーズ氏の最新刊『お金の流れで読む日本と世界の未来』から一部を抜粋して、今回はロジャーズ氏が予測する「日本の未来」を紹介する。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!