新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【春の陣】平成最後の地方統一選挙がスタート、11道府県知事選が公示!大阪ダブル選挙に大注目!維新はピンチ?


3月21日に全国の11ヶ所で同時に知事選挙が公示され、遂に平成最後の地方統一選挙が開始となりました。公示となったのは北海道、大阪、福岡、神奈川、福井、三重、奈良、鳥取、島根、徳島、大分の各知事選です。

特に注目を集めているのは大阪のダブル選挙で、松井一郎知事(55)と吉村洋文市長(43)が揃って辞職し、知事と市長の立場を入れ替えて出馬しています。維新側は「大阪都構想の是非を問う」としてダブル選挙の勝利で一気に都構想の実現まで押し切ろうとしていますが、密約を暴露された公明党の反発は強く、自民党や共産党などの反維新勢力が連携していることから維新はかなり苦戦気味です。
一部のメディアの調査だと維新が自民の候補者に負けているというような話もあり、大阪ダブル選挙の結果次第では国政にも大きな影響が出ることになるでしょう。

他にも福岡や福井、島根、徳島で保守分裂が確定し、場所によってはかなり複雑な構図になっています。統一選の前半戦は11知事選と6政令市長選、41道府県議選、17政令市議選が4月7日に投開票となり、後半戦の市区町村長・議員選は4月21日に投開票の予定です。

 

参院選占う「春の陣」=11知事選に30人立候補-平成最後の統一選始まる
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032100165&g=pol

第19回統一地方選の幕開けとなる11道府県知事選が21日、告示され、計30人(うち女性5人)が立候補を届け出た。「亥(い)年選挙」で12年に1度、統一選と重なる夏の参院選を占う「春の陣」。各党は地方の選挙基盤固めに力を注ぐ。与野党の全面対決となるのは北海道のみで、福岡など4県は保守分裂の争い。大阪は「都構想」を争点にした知事・大阪市長のダブル選で激戦が予想される。

大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250123

4月7日に行われる「大阪ダブル選挙」。ダブル選を仕掛けた大阪維新が真っ青になっている。もともと、松井一郎知事(55)と吉村洋文市長(43)が揃って辞職し、知事と市長の立場を入れ替えて出馬することに、「政治の私物化だ」「党利党略だ」と批判が殺到していたが、予想以上に評判が悪く、市長選に出馬する松井一郎氏の“落選”の可能性が高まっているのだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!