新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワンセグ携帯のNHK受信料、最高裁が「契約義務あり」と判断!携帯型の受信機だけでも契約と認定!

*NHK
NHKの受信料を巡る訴訟で、最高裁が男性の上告を退ける決定をし、NHKの勝訴が確定となりました。

この訴訟では携帯電話の「ワンセグ機能」が受信料支払いの対象になるかどうかが争点となり、1審のさいたま地方裁判所は「契約の義務はない」と判断するも、2審の東京高等裁判所で「放送法の『設置』という文言には携帯型の受信機を持ち歩く場合も含まれる」というような判決が下ります。
これについて男性側は判決内容を不服として最高裁に上告しますが、最高裁判所も高裁の判断を概ねで正しいとして、男性の上告を退ける決定をしました。

ワンセグ携帯の受信料訴訟はこれでNHKの勝訴が確定したと言え、同じ内容の別の訴訟も上告が退けられています。ネット上では多くの人たちからNHKの姿勢を批判する声が殺到していますが、最高裁として判断が出た以上は、ワンセグ携帯も受信料の対象になることは揺るがないと言えるでしょう。

 

ワンセグ携帯 放送受信契約の義務あり 最高裁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190313/k10011847031000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

ワンセグの機能が付いた携帯電話を所持している男性がNHKの放送受信契約を結ぶ義務はないと訴えた裁判で、最高裁判所は男性の上告を退ける決定をし、契約の義務があるという判決が確定しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!