新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

地方統一選挙、中途半端な野党共闘が敗因?立憲&国民は201議席で旧民主党より減少 自民は1158議席 


地方統一選挙の結果が出揃いました。41道府県で行われた道府県議選で自民党は1158議席を獲得し、2回連続で過半数に到達。野党は立憲民主党が118人に増加した一方で、国民民主党は145人から大幅に減らして83人に減少しています。
他の政党は公明党が166人、共産党が99人、日本維新の会16人、社民22人、大阪維新を含む諸派79人、無所属536人となりました。

前回の選挙時は旧民主党が第2党となっていましたが、分裂の影響もあって公明党が第2党に浮上しています。立憲民主党と国民民主党を合わせた総数は旧民主党よりも減少しており、分裂の影響が明確に出ていると言えるでしょう。

 

自民、改選過半数=立憲増加、国民大幅減-41道府県議選
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040700445&g=pol

7日に行われた41道府県議選と17政令市議選は8日朝、全議席が確定した。道府県議の総定数2277のうち、自民党は前回2015年を上回る議席を獲得し、2回連続で過半数を占めた。立憲民主党は党籍を持つ現有89人から増やした一方、国民民主党は同145人から大幅に減らした。また、公明党は京都、大阪両市議選で1人ずつ競り負け、全員当選の目標を果たせなかった。

与党 参院選への弾みに 野党 候補者一本化へ調整急ぐ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190408/k10011876581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

統一地方選挙の前半戦で行われた知事選挙のうち、ただ1つ、与野党対決の構図となった北海道知事選挙は、与党側が推薦した候補が当選しました。与党側は、夏の参議院選挙への弾みになるとしているのに対し、野党側は、参議院選挙のいわゆる1人区での候補者一本化に向け調整を急ぎたい考えです。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
何度も言うように、野党は本気で政権を取る気があるのか謎です。今回の選挙も簡単な選挙協力程度で、野党共闘を前面に押し出していた北海道の知事選も共同街頭演説が少しだけ。明らかに旧民主党よりも弱くなっている傾向が見られ、ちょっと立憲民主党が増えたくらいで歯止めにはならないです。
目先の数議席は増やせるかもしれませんが、立憲民主党も国民民主党も政党を解体して、民主党のようにまとまらないと自民党には何時までも勝てないと思います。

投票率は明確な対抗軸が生まれれば必然的に上昇するので、野党の方々は投票率云々ではなく、まずは政策・政党単位でまとまってシッカリと動いてほしいです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!