新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【平成最後の日】天皇陛下、光格天皇以来202年ぶりに退位の儀式 夕方に最後のお言葉も!「退位礼正殿の儀」


4月30日に天皇陛下が譲位に向けて、最後の儀式を開始しました。退位の儀式は202年ぶりで、今日の夕方17時から「退位礼正殿の儀(たいいれい せいでんのぎ)」に臨まれます。

午前10時から天皇陛下は平安時代から儀式での装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、皇居の「宮中三殿」で皇室の祖先や神々に退位の意向を伝えました。退位に関する行事は今日で全て終了となり、国民に向けて最後のメッセージを発表する予定です。

そして、0時に日付が変わると同時に元号は「平成」から「令和」に変更となります。平成最後の日ということもあり、国民もネットなどを通して平成の思い出を共有していました。

 

天皇陛下 皇居 宮中三殿 賢所拝礼終える
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011901401000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

午前10時10分、天皇陛下は皇居の宮中三殿の中央にある賢所(かしこどころ)での拝礼を終えられました。
賢所には「天照大神(あまてらす・おおみかみ)」がまつられ、天皇陛下は、平安時代から儀式での天皇の装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、賢所の中に入って拝礼されました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!