新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大津市の交通事故、双方がブレーキ無し!警察が断定 前方不注意の可能性 遺族がマスコミに取材自粛を要請も


滋賀県の大津市の交差点で乗用車2台が衝突し、はずみで保育園児らの列に突っ込んだ事故で、警察が「双方にブレーキなし」と判断していることが分かりました。

この事故では運転手の女性が「ガシャンという衝突音で初めて相手の車に気付いた」と供述しており、お互いに前方不注意だった可能性が高いと見られています。現場には目立ったブレーキの痕跡も見られないことから、警察は衝突まで双方がブレーキをしていなかったと分析。
軽乗用車に設置されていたドライブレコーダーの映像を解析するなどして、今も事故当時の詳しい状況を調査中です。

一方で、今回の事故で亡くなった園児2人の遺族らがコメントを発表し、その中でメディアの取材を自粛するように呼び掛けました。
特に自宅や葬儀会場での取材を止めるように求める内容で、文書の最後には「私共の心情を察っして頂き、御配慮の程よろしくお願い致します」と書いてあったところです。

 

双方ブレーキかけずと断定、大津 園児死傷事故
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000042-kyodonews-soci

大津市の交差点で車2台が衝突し、弾みで1台が保育園児の列に突っ込んで園児2人が死亡した事故で、現場に黒いタイヤ痕が残されており、鑑識の結果、直進してきた軽乗用車と右折しようとした乗用車が衝突した際に軽乗用車のタイヤがパンクしてできたものと判明したことが10日、大津署への取材で分かった。

関連過去記事

大津市の事故、グーグルマップに園児たちの列 レイモンド淡海保育園の対応は完璧だった
https://johosokuhou.com/2019/05/08/14429/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!