新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

三度目の米朝首脳会談、現職大統領が初の境界線越え! 日本外務省「ツイートから始まるとは…」

 

トランプ大統領 北朝鮮に足踏み入れる キム委員長と面会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/k10011976161000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


アメリカのトランプ大統領が南北の軍事境界線にあるパンムンジョムで北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と面会し、現職のアメリカ大統領としては初めて軍事境界線を越えて北朝鮮側に入りました。

「首脳会談がツイートから始まるとは…」日本外務省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/k10011976111000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

外務省幹部はNHKの取材に、「事前にアメリカ側から連絡はなく、情報の確認に追われている。アメリカ大使館や国務省にも問い合わせているが、詳細は不明だ。トランプ大統領らしいやり方だが、今回の米朝対話が、北朝鮮の非核化や拉致問題の解決につながるものなら歓迎したい」と述べました。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
今回の米中首脳会談では初めて、アメリカの現職大統領が境界線を踏み越えました。これはとても大きな一歩であると言え、ツイッターから突発的に始まった首脳会談ですが、その効果は絶大だと見られています。
トランプ大統領らしい首脳会談で、日本や韓国は突然の会談に慌てていると報じられているところです。

北朝鮮としては最大の仮想敵国であるアメリカと話をまとめるチャンスですし、トランプ大統領の真意を確認する目的もあると思われます。特に話し合いが進んでない核兵器関連で合意が出来れば、和平締結の話も現実となる可能性が高いです。
G20の米中首脳会談でも色々と動きがあったわけで、今後の続報に期待したいと思います。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!