新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

京都アニメーション放火事件、戦後最悪の死者25人に サリン事件よりも死者多く・・・ 各国大使館から追悼の言葉

*火災現場
7月18日に発生した京都アニメーション放火事件の死者数が25人に増えました。

報道記事によると、夜20時の段階で確認された死者数は25人となり、他にも多数の心肺停止状態の人が確認されているとのことです。放火した男性もやけどを負い、現在は意識不明の重体となっています。
この死者数は戦後最悪の放火事件「大阪個室ビデオ店放火」を超える数で、亡くなった人の数だけならば、オウム真理教の地下鉄サリン事件よりも酷いです。

今回の事件を受けて世界各国の大使館からも追悼のコメントが届いており、フランス大使館や中国大使館もツイッターで「京都で発生した悲惨な事件で、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、負傷された皆様にお見舞いを申し上げます」とコメントしていました。
世界的に有名なアニメーション制作会社だけに、このニュースは日本を超えて世界中に衝撃を与えています。

改めてこの事件で亡くなった全ての方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

京アニ火災、死者25人に=確保の男、ガソリンまき「死ね」-殺害予告メールも
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071800663&g=soc

京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日に発生した爆発火災で、新たに24人の死亡が確認され、死者は計25人となった。消防などによると、他に心肺停止状態の人もいるという。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!