新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【参院選】自民党の獲得投票数、第二次安倍内閣で過去最低の2割以下に!絶対得票率では16.7%だけ!与党の票数減る


今年の参議院選挙で自民党が獲得した票数が第二次安倍内閣の中で過去最低となりました。

自民党の比例代表得票数は1771万1862票となり、絶対投票率だと16.7%に低下。前回と比べて票数&投票率の両方で数字が大きく下がっていました。公明党も100万票ほど減っている状態で、与党全体の勢いが明確に落ち込んでいると言えるでしょう。

消費増税の推進やTPPのような国際条約の締結で国内の支持基盤が崩れていると見られ、政権交代が発生した2009年の総選挙よりも悪い数字となっていました。ただ、自民党から離れた票は野党に流れている傾向も無く、与党に失望して、そのまま投票にすら行かなかった可能性が高そうです。

 

参院選 全有権者比の得票率 自民 支持2割以下 第2次安倍政権下 最低
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-07-29/2019072901_01_1.html

今回の参院選で自民党の比例代表得票は1771万1862票。有効投票総数に占める得票率は35・4%になりますが、絶対得票率では16・7%に低下します。この得票で同党は比例代表(改選数50)で19議席を得ました。

一方、32の1人区、13の複数区の選挙区での自民党得票は2003万108票。ここでも有効投票総数に占める得票率は39・8%と高くなっていますが、絶対得票率では18・97%。2割に満たない支持で同党は選挙区(改選数74)の5割を超える38議席を得ました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!