新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、賃上げに警戒感 安倍首相「無理やり最低賃金を上げることによって失業が増えていく」

*官邸
安倍晋三首相が賃上げに強い警戒感を示していることが分かりました。

先日に厚生労働省の審議会などが最低賃金引き上げの勧告を発表しましたが、このような賃上げについて安倍首相は「無理やり最低賃金を上げることによって失業が増えていく」とコメント。参議院選挙後の記者会見で過度な賃上げは控えるべきだとして、現在の賃上げ路線に疑問を投げ掛けました。

安倍政権は2012年の政権交代時に「1人あたりの国民総所得を10年後に150万円増やす!」と宣言していましたが、実際には賃上げをけん制するなど、真逆の路線で動いていると言えるでしょう。
賃上げの負担は政府保証の形にすれば問題がなく、政府が賃上げの赤字分を保証するような法整備をしないということは、最初から賃金を本気で上げる気がないということです。

 

賃上げスピード加速せず=最低賃金
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000053-jij-pol

一方、労働側は審議会で、大都市と地方の格差是正の議論を重視。参院選後、安倍晋三首相が「無理やり最低賃金を上げることによって失業が増えていく」と述べ、中小企業に配慮する姿勢を示したこともあり、過去3年間と同水準の引き上げ率で落ち着いた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!