ヘッドライン

福島第一原発で排気筒解体工事が本格化!来年3月までの完了を目指す 遠隔操作の解体装置で放射能避ける


福島第一原発で1・2号機の共通排気筒の解体工事が始まりました。

解体工事は2019年8月1日から開始され、特殊なクレーンを作業員が200メートルほど離れた場所から遠隔操作する形で行われています。この排気筒は2011年の福島原発事故時に建屋内部の水蒸気などを放出する「ベント」で使われた場所で、今も放射線量が高いことから作業が近づくことが出来ない状態となっていました。
新しい遠隔操作のクレーンは数時間ほどかけて解体装置を釣り上げ、少しずつ排気筒を削るように作業をしています。

東電の日程表だと来年3月頃までに排気筒の解体工事を終了するとしており、まだ作業が終わるまでかなりの時間が必要となる見通しです。

 

1・2号機共用排気筒の解体
http://www.tepco.co.jp/decommission/progress/safety/index-j.html

福島第一原子力発電所には、原子炉建屋などの排気に使われていた「排気筒」が4基あります。このうち、1号機、2号機共用の排気筒は、十分な耐震性があることを確認しているものの、より安全に廃炉をすすめるため、2019年8月より、上半分(約60m)の解体作業を行っています。
排気筒は、専用の解体装置を使い排気筒本体の「筒身」とそれを支える「鉄塔」を上部から交互に2~4mずつ切断します。なお、作業中の被ばくを抑えるため、解体装置は遠隔で操作します。
また、放射性物質の飛散を抑制するために、飛散防止剤の散布、切断時に出る「ダスト」の吸引などを実施します。
排気筒の解体作業に伴う周辺環境への影響は、極めて少ないと評価していますが、常にダストモニタで監視しながら、安全第一で作業を進めております。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    外出時マスクしなきゃ

  • 匿名 より:

    8年たって、排気塔だからな。
    先は長い。
    デブリの摘出まで考えると、100年単位のスパンで考える必要がある。

  • 匿名 より:

    原発は電気を作った際に、その発電量の7割を海に捨てている。
    おまけに多くの原発は遠隔地にあって、送電上のロスも大きい。
    加えて事故が起きたときにリスクは桁違い。
    本当に原発は効率が悪い。
    海外で原発の採用が減るのは当たり前。

  • 匿名 より:

    原発信仰者は解体作業に出るべし。

  • 匿名 より:

    東電「このうち、1号機、2号機共用の排気筒は、十分な耐震性があることを確認しているものの
    (中略)
    2019年8月より、上半分の解体作業を行っています」
    .
    は?
    十分な耐震性があるのなら、解体不要じゃん。
    息をするように嘘をつく東電!
    そして解体作業・・・
    ・クレーンの高さが足りませんでした(3メートル)
    ・その分、土盛りをしました
    (↑ツイッターによる。不安定だろうが?!)
    ・5月ごろから始める予定だったけど、8月にずれ込みました
    (作業員2人、熱中症になりました)
    ・解体用の回転ノコギリの刃が壊れました
    ・ノコギリの刃を取り替えて、再開しました
    ・・・・
    やばい。
    作業員の安全第一で進めろ。
    無事終わりますように。
    なお、メルトダウンした原子炉からデブリを取り出すなんてことは、できません(高線量なので)。
    騙されないようにね!

  • 匿名 より:

    そう。その通りです。
    デブリの摘出なんてことは、
    人類史上やったことがないんです。
    無理なのです。
    その責任から逃げる政府、東電、関連企業の皆様・・・。
    みなさんは、じっくりこの状況を見ておいてください。

  • 匿名 より:

    この排気塔。汚染が超超超超超きついので,
    放置するのも超危険。解体するのも超危険。
    いろいろ腹立たしいが,せめて超最悪の事故が起こらないことを切に祈る。

  • 匿名 より:

    >木下黄太氏からの情報です。

    南相馬市議・大山弘一氏が南相馬市立総合病院から病名ごとの患者数推移のデータの提供を受け、
    弁護士の井戸謙一氏が子ども脱被ばく裁判の証拠として提出するそうです。

    患者数は、原発事故前と比較して、成人甲状腺がんが29倍、白血病が10倍、小児がん、肺炎、心筋梗塞、
    その他のがんも軒並みに数倍になっています。

    こういったデータが公表された以上、もはや政府、福島県は「福島原発事故で健康被害はなかった」と
    シラを切り続けることは不可能です。

    健康被害の実態を正直に公表し、一刻も早く住民を汚染のない地域に避難・移住させるべきです。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next