新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚き】アメリカ軍が「未確認飛行物体」を本物と認定!戦闘機が撮影した映像、高速移動する長方形の物体


アメリカ海軍が未確認飛行物体(UFO)の存在を確認したと報道されて、ネット上が騒然となっています。

未確認飛行物体と認定されたのは軍の機密指定が解除されて公開された戦闘機の撮影映像です。いずれも戦闘機のセンサーが未確認飛行物体をシッカリと確認しており、2004年に撮影された映像では、センサーがとらえた物体は急加速して画面の外側に消えた様子が記録されています。
アメリカ軍はこの物体を「未確認航空現象(UAP)」と名付け、パイロットの安全を脅かしかねない危険物として注意を促すとしていました。

一方で、未確認飛行物体の正体についてはアメリカ軍も言及しておらず、あくまでも高速で移動している謎の物体と位置付けています。引き続き謎の飛行物体の正体を分析・解析するとして、アメリカ軍は情報収集を続ける方針です。

 

未確認飛行物体の目撃報告、米海軍が「本物」と確認
https://www.cnn.co.jp/fringe/35142842.html

(CNN) 空中を高速飛行する未確認飛行物体(UFO)をとらえたとされる映像について、米海軍がようやく、未確認物体に分類していることを確認した。

正体不明の物体は、軍の機密指定が解除された3本の映像に映っている。海軍報道官はCNNの取材に対し、この物体を「未確認航空現象(UAP)」と形容した。

映像は2017年12月~18年3月にかけて公開されたもので、高速移動する長方形の物体を、高性能赤外線センサーがとらえている。

このうち2004年に撮影された映像では、センサーがとらえた物体は急加速して画面の左側に消えていた。センサーは物体の速度に追いつけず、再発見することはできなかった。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!