新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国連会見で小泉進次郎氏が沈黙 記者「どうやって火力減らしますか」小泉環境相「大臣になったばかりで・・・」

国連で小泉進次郎環境相が外国人記者に追求された場面が物議を醸しています。

問題となっているのは外国人記者が地球温暖化対策の一環で、二酸化炭素や火力発電所を減らすための対策を質問した場面です。小泉環境相は外国人記者の質問に曖昧な答弁をするばかりで、それを追求されて困惑した小泉氏が「私は先週に大臣になったばかりです」などと発言する瞬間もありました。

最終的には隣に座っていた国連の事務局長が「これは日本だけの問題ではなく、各国が話し合って対応する必要がある」と助け舟を出して難を逃れましたが、現役の大臣としてあまりにも見苦しい答弁だったと言えます。

小泉進次郎環境相を巡っては国連演説で「(気候変動問題は)セクシーであるべきだ」などと発言して物議を醸したばかりで、一連の答弁は大臣としての資質を問われることになりそうです。

 

 

関連過去記事

小泉進次郎環境相が国連で演説 「気候変動問題はかっこ良く、セクシーであるべきだ」
https://johosokuhou.com/2019/09/23/18814/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!