ヘッドライン

千曲川の氾濫、堤防が崩壊状態に!住宅地に濁流が流れ込む!救助を求める住民も・・・ 長野市に非常事態


10月12日夜に台風19号の影響で長野県の千曲川が氾濫状態となりましたが、朝になってその深刻な被害が判明してきました。
既に千曲川の氾濫が悪化して、堤防がドンドン削られて崩壊状態になっています。堤防が崩壊すると同時に茶色い濁流が市街地まで流れ込んでおり、長野市周囲で住宅や施設を次々に飲み込んでいるところです。

NHKは複数の住宅が飲み込まれるシーンを報道し、今も取り残されている住民らが居ると取り上げていました。千曲川の氾濫は収束の目処が立っておらず、引き続きこのまま堤防の崩壊状態が続く見通しです。
千曲川の周囲は厳重な警戒が必要だと言え、同じように氾濫している川からは離れるようにしてください。

 

千曲川が氾濫 堤防崩れはじめる
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20191013/1010010779.html

台風19号による大雨で、県内では、千曲川が、長野市や千曲市などで氾濫しています。
国の千曲川河川事務所によりますと、このうち、長野市の堤防の一部が崩れはじめているということで、市は近くに住む人たちに最大級の警戒をするよう呼びかけています。

台風配信NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/live/index.html?utm_int=all_contents_tv-news_live



 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    大型台風が大雨をもたらすことが事前に十分予測されていた分けであり、千曲川の決壊個所は経った30メートル位の堤の部分に過ぎないのだから、国管理の一級河川等の決壊した際の自衛隊等の出動態勢は、国家が初動出動の先頭にたって、さっさと土嚢を積むなどの応急対応の義務と責任があるだろう。

    治水責任を国家が怠って被害を甚大にしているのは許せない対応だと思う。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next