新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大村知事が元在特会系の反朝鮮人展示会を「ヘイト」と断定!法的措置も検討へ 「中止するべきだった」

*大村知事
10月27日に在特会系の政治団体が愛知県の施設「ウィルあいち」で行った展示会について、大村知事がヘイトと断定し、法的措置も検討していることが分かりました。

10月29日の記者会見で大村知事は「内容からして明確にヘイトに当たると言わざるを得ない」と述べ、展示物は明確な民族ヘイト(憎悪的表現)だったとコメント。施設側が展示を中止しなかったことに関しても、「(展示内容が)分かった時点で中止を指示すべきだった」と発言し、対応は間違いだったと言及していました。

また、催しを開いた政治団体への法的措置も視野に対応を考えるとして、大村知事は極めて強い口調で批判を繰り返していたところです。

ネット上では大村知事の姿勢を「ダブルスタンダード」と批判する声も多く、前のあいちトリエンナーレでは天皇陛下を燃やすような作品を芸術品として認めていたとして、愛知県の姿勢に疑問を投げかけるコメントが相次いでいました。

 

大村知事「明確にヘイト」政治団体の催しに 法的措置も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000026-asahi-soci

 「反移民」などを掲げる政治団体が愛知県の施設「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開いた催しに対し、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)に反対してきた市民団体などが抗議した問題で、愛知県の大村秀章知事は29日の記者会見で、催しでの展示内容はヘイトスピーチに当たるとして、当日に施設側が催しを中止させなかった対応を「不適切だった」と述べた。

 

関連過去記事

ウィルあいちで「日本人のための芸術祭」、朝鮮人批判の内容に反対運動!表現の自由で保護するべきか
https://johosokuhou.com/2019/10/28/20290/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!