新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

レオパレス21、建設した全物件の約75%で問題発覚!2万9300棟余りで不備 延焼を防ぐ壁無しも・・・


*レオパレス
マンションやアパートの違法建築で問題となっているレオパレス21が、建設した全ての物件を調査した結果を発表しました。

レオパレス21の資料によると、建設したすべての物件3万9000棟余りを調査したところ、その内の2万9000棟から何らかの不備が発見されたとのことです。問題が発覚した物件は全体の4分の3と多く、中には天井裏に延焼を防ぎ、音を遮るための壁が設置されていないなど、明らかな不備もあったと報告されています。

この報告を受けてレオパレス21は、明らかな不備のある1万3200棟余りについて、来年12月末までに補修工事を完了すると発表していました。

レオパレスの物件問題は10年ほど前からネット上で言われていましたが、違法建築問題などが浮上したことで、やっとメディアも本格的に報道し、この数カ月間で世間的にも危険性が認知されてきています。
依然として一部の物件だと「壁が薄すぎて生活音が丸聞こえ」「床が傾いている」というような声もあり、レオパレスがこれでちゃんと改善するのか注目したいとろです。

 

当社施工不備物件の全棟調査の状況及び今後の改修工事の方針について
https://www.leopalace21.co.jp/news/2019/1031_2914.html


レオパレス21 建設した全物件の4分の3に何らかの不備
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012159391000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

アパートなどの施工不備が見つかったレオパレス21が建設したすべての物件を対象に調査した結果、全体の4分の3で何らかの不備があったことが分かりました。
レオパレス21はアパートの耐火構造が法律の基準を満たさないなどの施工の不備が見つかった問題を受けて、建設したすべての物件3万9000棟余りを対象に調査を進め、これまでに一部を除いて終了しました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!