新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中曽根元首相が100歳の誕生日!歴代首相2位の長寿に!憲法改正を改めて強調


5月27日に中曽根康弘元首相の誕生日パーティーが開かれました。中曽根元首相は強で100歳となり、歴代首相の中でも102歳まで生きた東久邇稔彦元首相に次ぐ長寿となっています。

100歳の誕生日に合わせて中曽根元首相がコメントを発表し、その中で「時代が人をつくり、人が時代をつくる。其々(それぞれ)の政治世代が時代の抱える問題と課題に対し政治の責任を自覚し、勇断を似って確(しっか)りと役割を果たしていくべきだ」と政治に対する熱意を語りました。

また、持論の憲法改正についても早期の実行を期待するとして、「与野党を問わず、国民世論の喚起とともに真に国民参加となる憲法の実現を目指し、真剣に取り組んでいくことを期待する」などと発言して憲法改正を推進するべきだと強調。今の安倍政権に期待感を示すと同時に、憲法改正の必要性をアピールしました。

中曽根元首相は衆議院議員に連続20回当選(1947年 – 2003年)というような記録を持っており、今も様々な役職を兼任して現役で活動を続けています。

 

中曽根元首相、100歳に 持論の憲法改正を改めて期待
https://www.asahi.com/articles/ASL5V5FSGL5VUTFK006.html

 中曽根康弘元首相が27日、100歳の誕生日を迎えた。歴代首相の中では、102歳まで生きた東久邇稔彦元首相に次ぐ長寿。今もネクタイを締め、週に2、3回は自らの事務所に顔を出しているという。

中曽根氏は、朝日新聞などに文書でコメントを寄せ、大正、昭和、平成に続く来年の皇位継承に触れ、「新たなる時代への大いなる期待と共に四代を生きることに誠に深い感慨を覚える」と振り返った。

中曽根康弘
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E5%BA%B7%E5%BC%98

中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年(大正7年)5月27日 – )は、日本の政治家。位階は従六位。勲等は大勲位。

衆議院議員(20期)、科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)などを歴任した[1]。対米関係上の愛称は「ヤス」。

衆議院議員連続20回当選(1947年 – 2003年)。現職は公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長。新憲法制定議員同盟会長。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!