新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】改正道交法で罰則を大幅強化!スマホ見ながら運転で即座に免許停止も!違反点数が2点から6点に


2019年12月から施行される改正道路交通法が話題になっています。

新しい改正道路交通法では運転中の携帯電話(スマートフォン)などを使用する行為が全面的に罰則強化となり、改正前の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金だったものが、改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金に変更。
違反点数が2点から6点に引き上げとなり、ながらスマホで即座に免許停止となる見通しです。

厳罰化の背景にはながら運転による事故やトラブルの多発があると言え、この改正道路交通法によって数が減ることが期待されています。

ただ、厳罰化の効果も疑問視する声も見られ、改正道路交通法が施行された後にどのくらい件数が変化するのか注目したいところです。

 

運転中「ながらスマホ」で即免停!? 2019年12月の改正道交法で罰則約3倍に強化! 事故減少なるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00193222-kurumans-bus_all

これを受けて今回改正される道路交通法では、携帯電話使用等に対して、罰則の強化および違反点数の引き上げがおこなわれます。

携帯電話の使用等により、道路における交通の危険を生じさせた場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[交通の危険])の罰則では、改正前の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金だったものが、改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。

改正後は反則金の適用はなくなり、刑事罰の適用がなされるほか、違反点数が2点から6点に引き上げられるため、免許の停止処分の対象となります。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!