新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

れいわ・山本太郎代表「桜を見る会の裏で日米貿易協定の採決」「戦わない野党って存在する理由あるの?」


れいわ新選組の山本太郎代表が日米貿易協定(日米FTA)に警鐘を鳴らしました。
11月14日に山形県で行われた演説会で山本氏は「日米貿易協定の交渉の中身は殆どわかってないのに、来週には採決をやろうとしている」「テレビ入りの集中審議を条件にしたのならば分かりますが、この採決だけで野党はOKしちゃったのか」と述べ、日米貿易協定の審議をシッカリとやるべきだと主張。

桜を見る会だけに囚われてはいけないとして、安倍政権は年明けにも日米貿易協定を発行させるために、今国会で何としても日米貿易協定の承認を行うとしてくると言及しました。

既に野党は採決に合意しており、11月19日には衆議院本会議で日米貿易協定案が可決となる見通しです。この日米貿易協定は交渉の経緯だけではなく、その後に発表された合意内容も不明確な部分が見られ、日本が勝ち取ったとしている自動車産業の関税保護もアメリカ文書だと「検討止まり」となっていました。

貿易協定が成立した後にアメリカが日本の自動車産業に関税を増やすことも出来る内容であり、農業分野の譲渡だけではなく、自動車産業を含めてアメリカの言いなりになってしまう恐れがあると言えるでしょう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!