新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会問題で安倍晋三首相が釈明会見!「費用は参加者の自己負担」「ホテル側が提示した価格」


桜を見る会の騒動について、安倍晋三首相が釈明の記者会見を行いました。

11月15日午後に首相官邸で会見を開き、安倍首相はその中で「旅費、宿泊費等のすべての費用は、参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所なり、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ないことを改めて確認した」と述べ、安倍事務所から金銭的な支出は無かったと強調。

全ての費用は参加者の自己負担だとして、安倍事務所の職員が1人5000円を集金した上で、集めたお金をそのままホテル側に渡したとしています。ホテルの会費が安すぎるとの批判に関しては、「5000円という会費は、大多数がホテルの宿泊者だという事情を踏まえ、ホテル側が設定した価格だと報告を受けている」とコメントしていました。

まとめると、安倍事務所からの支出は無く、費用の設定もホテル側と合わせて調整した価格で問題はないとしています。

ただ、ホテル側は一般的な夕食会の値段を最低1万1000円と定めており、6000円分の差額が発生したのかは不透明なままとなっていました。安倍首相の事務所が様々な手配を行ったというような参加者の証言も聞こえ、本当に安倍事務所の支出がゼロ円だったのか疑問があるところです。

 

「桜を見る会」安倍首相「すべての費用は参加者の自己負担」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/k10012179051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍総理大臣は15日夜、総理大臣官邸で記者団に対し、「桜を見る会の前日に行われた夕食会について、さまざま報道があったので事務所から詳細について、15日、報告を受けた。すでに申し上げたとおり、夕食会を含めて、旅費、宿泊費等のすべての費用は、参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所なり、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ないことを改めて確認した」と述べました。

官邸 安倍首相
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/15bura.html

令和元年11月15日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。
総理は、「桜を見る会」について次のように述べました。
「国会については、国会がお決めになることですが、政府としては、国会から求められれば出て行って、説明するのが当然のことでございます。」
「更問として集中審議にという、そういうことは国会がお決めになることですから、国会でお決めになれば政府として説明を果たすのは当然のことであります。」
「その件については、既に国会で申し上げているとおり、きっちりと事務所の方で対応していると聞いています。」

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!