新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメリカが思いやり予算4.5倍を要求!年約80億ドル(約8640億円)への増額!7月時点で要求来るも情報公開せず

*思いやり予算
アメリカのトランプ政権が日本に思いやり予算の増額を要求していたことが分かりました。

報道記事によると、今年7月にボルトン大統領補佐官(当時)らが日本を訪問した際に、トランプ政権の要望として、思いやり予算を今の約4.5倍に相当する年約80億ドルに増額するように求めたとのことです。
現在の思いやり予算では米軍基地に関連する人件費や水道光熱費などで年平均約1893億円を日本が負担していますが、それをさらに増やす提案となっています。

アメリカのトランプ大統領は世界中に米軍基地の負担費用を増やすとしており、その一環として日本にも増額を要求した形です。既に隣国の韓国にも同じような要望があり、年末の日米交渉は荒れることになるかもしれません。

一方で、7月の情報が今になった報道されたことに疑問の声も多く、安倍政権が選挙への影響を恐れて、事実上の箝口令(かんこうれい)を敷いた可能性が高いです。

 

思いやり予算、4.5倍に 米政権、80億ドル要求 日本側の反発必至
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000036-jij-n_ame

【ワシントン時事】トランプ米政権が2021年度以降の在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)について、現状の約4.5倍に当たる年約80億ドル(約8640億円)への増額を要求したことが15日、複数の関係者への取材で分かった。
思いやり予算を定める特別協定の更新に向けた日米交渉は来年本格化する見通しだが、大幅な増額を突き付けられた日本側が反発するのは確実だ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!