新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

GoToトラベルが感染者増加に影響と分析 観光による発生率が数倍に!京都大学の西浦博教授らのグループ


*GoTo
昨年7月に始まった観光支援策「GoToトラベルキャンペーン」について、京都大学の研究グループが新型コロナウイルスの感染への影響を調査したところ、キャンペーンが感染拡大に影響した可能性が高いとの結論が出ました。
これは京都大学の西浦博教授らのグループが発表した調査報告で、感染者およそ4000人を分析した結果、約20%が発症前に旅行していたり旅行者と接触したりするなど旅行関連とみられる感染者だったとのことです。

旅行の目的を観光に限定すると、発生率が前週の5日間と比較して2.62倍に跳ね上がり、明らかな増加傾向が見られたとまとめています。

今まで政府は「GoToと感染拡大のエビデンスが無い」として直接の関係はないとしていましたが、科学的な調査で明確にGoToが感染拡大に影響を与えていたと示された形です。

 

“Go To Travel” Campaign and Travel-Associated Coronavirus Disease 2019 Cases: A Descriptive Analysis, July–August 2020
https://www.mdpi.com/2077-0383/10/3/398

「Go Toトラベル」感染者増加に影響か 京都大学のグループ発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210125/k10012831381000.html

政府の観光需要の喚起策「Go Toトラベル」が始まった去年7月、旅行に関連した新型コロナウイルスの感染者が増えていて、キャンペーンが当初の段階で影響した可能性があるとする研究論文を京都大学のグループが発表しました。
これは京都大学の西浦博教授らのグループが国際的な医学雑誌「ジャーナルオブクリニカルメディシン」に発表しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!