ヘッドライン

厚生年金をパートに範囲拡大へ!従業員51人以上が対象に!経済界からは懸念 日商会頭「中小企業の負担が増える」

*官邸
安倍政権がパート世代を対象に、厚生年金の範囲を拡大する方向で動き出しています。

安倍首相は全世代型の社会保障改革の会議でパートなどへの厚生年金の適用拡大について、企業関係者から意見を集めました。
その中で日本商工会議所の三村明夫会頭は「人件費が上がる要因が軒並みあるなか、適用拡大は短時間労働者の多い小売り、卸売り、飲食の負担を非常に大きくする」と述べ、厚生年金の範囲拡大に懸念を表明。

特にパート雇用が多い中小企業の小売店や飲食店などの負担が増えるとして、慎重な議論を行うように強く求めました。

政府の検討案だと、厚生年金の適応要件を現在の「従業員501人以上」からすべての中小企業が対象になる「51人以上」に引き下げるとしており、日本全体に大きな影響を与えることになると見られています。
その影響は消費増税よりも大きいと言われ、下手をすると中小企業の連鎖倒産の引き金を引くことになるかもしれません。

 

日商会頭、厚生年金パート適用「慎重な議論を」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52445620R21C19A1EE8000/

政府は厚生年金を適用する企業規模の要件を現在の「従業員501人以上」からすべての中小企業が対象になる「51人以上」に引き下げることを軸に調整している。三村氏は「人件費が上がる要因が軒並みあるなか、適用拡大は短時間労働者の多い小売り、卸売り、飲食の負担を非常に大きくする」と懸念した。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    社会福祉の分野からすれば念願かつ必須の政策。
    「桜を見る会」で政権の支持率が急降下したので、
    市民向けのリベラルな政策をもってきた可能性がある。
    長い目で見ると、この政策は実現したほうが日本社会がはるかに安定する。
    ただ別途に中小企業支援が必要になる。

  • 匿名 より:

    主婦がパートとして厚生年金を掛けても、元の賃金が安い上、掛ける年数も短いので、夫の死後は自分の年金が遺族年金より少なく、権利放棄を余儀なくされるだろう。
    見返りは少ないのだ。
    単に「支え手」を増やしたいだけの 詐欺的政策。

  • ネトウヨ嫌い より:

    中小企業を消滅させる大企業の大企業による大企業の為の政策

  • 匿名 より:

    10:16 PM
    >市民向けのリベラルな政策
    意味不明すぎるんだけど

  • 匿名 より:

    相変わらず、コトへの取組み方が乱暴だな。イキナリ大鉈を振るってやってる姿、を見せたいのだろうが、現実との親和性に薄い政権の姿が見える。何でも簡単に行く、という訳には行か無いのだ、現実は。精密な検証と対策、影響のバランスの見極め等、慎重な取組み等は縁が無い。ガサガサ動いて、周りを翻弄させる、いつもの行動パターンだ。国民も自分の事としてよく考える必要が有る。任せて安心、な政府では無い。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next