新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会、疑惑のバーゲンセール状態に!名簿破棄にシュレッダーの順番待ち!ヤクザ招待や会費の謎も

*官邸
「桜を見る会」が疑惑のバーゲンセール状態になっています。

当初は激増している予算の使い道と招待客の管理が問題視されていましたが、それから前夜祭で使った高級ホテル・ニューオータニの会費疑惑、名簿破棄にシュレッダーの順番待ち問題、昭恵夫人の招待枠、政府与党の優遇枠、統一教会や反社会勢力への招待などが浮上。
まさに疑惑のバーゲンセールと呼ぶに相応しい内容だと言え、桜を見る会は収まる気配が全く無いです。

一番の問題点は公的行事を悪用して、自民党や安倍首相の個人的な選挙運動に利用していた側面がある点だと言えるでしょう。そして、参加者の情報を精査するためにも、野党が提出を求めている参加者名簿は必要不可欠です。

安倍政権はこの名簿について「破棄した」と答弁していますが、破棄を実施した日が奇しくも共産党から資料を要求された日時と一致していました。
この不自然な時間に関しても、「廃棄の分量が多いから通常のシュレッダーではなく大型シュレッダーを使おうとしたところ、各局の使用が重なって調整した結果、連休明けの5月9日になった」と弁明している状態で、その内容には違和感しか感じません。

関係者からも「シュレッダーで順番待ちとか聞いたことがない」とのコメントがあるほどで、疑惑は減るどころかドンドン増えています。

 

「桜を見る会」シュレッダーが話題 40秒で1千枚細断
https://www.asahi.com/articles/ASMCP5GYTMCPUTFK00X.html

 今年4月の「桜を見る会」について、政府が共産党から資料を要求されたのと同じ5月9日に招待者名簿を廃棄するのに使った大型シュレッダーは、大量の紙を瞬時に細断できる高性能のものだった。政府は国会で「連休前から使おうとしたところ、(内閣府の)各局の使用が重なって調整した結果、連休明けになった」と答弁。資料要求との因果関係を否定しているが、SNSでは疑問の声も上がっている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!