新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【桜を見る会】ジャパンライフ、悪徳商法で安倍晋三首相との会食を宣伝に使っていた!?政府関係者の天下り疑惑も!


悪徳商法で問題となっているジャパンライフですが、その宣伝に安倍晋三首相の関係が悪用されていたことが分かりました。

特に悪用性が高いと指摘を受けているのはジャパンライフのセミナーで、内閣府から送られた桜を見る会の招待状を大きくスライドに写して、「安倍首相と食事をする間柄です」と説した場面です。
このジャパンライフのセミナーに参加した女性は「凄い政治家と付き合っているんだなと誰も疑わなかった」とコメントしており、周囲の人たちも信じていたと明かしていました。

ジャパンライフの悪徳商法では数千万円規模の被害を訴える被害者も居るほどで、それらの宣伝行為に安倍首相が使われていたという事実は見過ごせないところです。

更にはジャパンライフが政府の天下り先になっているというような話もあり、実際に警察関係者の名前が一部のメディアで報道されています。ジャパンライフと安倍首相の関係だけではなく、天下り問題としても追及の必要がありそうです。

 

警察OBが天下りのジャパンライフは「官邸案件」?
http://hunter-investigate.jp/news/2018/11/15-japanlife.html

マルチ商法時代に警察権力の恐ろしさが身に染みた山口会長は、あえて警察や政権中枢に近づくというやり方で延命をはかってきた。まずは取り締まる側の人間を「用心棒」として迎える、「天下り」システムを利用した手法だ。

 山口会長が後任社長に迎えたのは、同じ群馬県出身で元警察官僚の相川孝氏(京都府警察本部長、中部管区警察局長を歴任/2008年に死去)。相川氏は一時期、マルチ商法などの悪徳商法を取り締まる警察庁保安課長を務めたこともあり、あまりにも露骨だ。警察官僚ではほかに元関東管区警察学校教務部長で、1981年2月から翌2月まで北海道警旭川方面本部長を務めた神田修道氏(1990年死去)を組織部取締役部長(後に常務)、山形県警本部副本部長だった佐藤恒夫氏を代理店指導部長に迎えている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!