新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会のジャパンライフ問題、政権擁護が相次ぐ! 志らく「野党は印象操作っぽい」加藤浩次「参加は昔の話」

ジャパンライフ元会長が安倍晋三首相の桜を見る会に参加していた問題が波紋を広げています。

ニュース番組のコメンテーターや芸能人からは安倍政権を擁護する声が相次ぎ、テレビ番組「スッキリ」の中で加藤浩次氏は「ジャパンライフの元会長を呼んだのは、4年前の2015年。家宅捜索が入ったのは、今年の4月。招待した4年前の時点じゃ、分からんでしょ?」とコメント。

落語家の志らく氏も自身のツイッター上で、「行政指導を受けた会社の人間を反社と言っていると混同している人がいる。勿論反社もまだ確定はしていない。行政指導を受けている大企業は沢山あるし後に家宅捜査が入った事でそれを一緒にして攻撃する野党は印象操作っぽい。野党のパフォーマンスも与党のガキ以下の答弁も酷い。つまりどちらも情けない」などと述べ、野党の追及も問題があると指摘していました。

いずれも全く事実関係を無視した世論誘導で、ジャパンライフの山口隆祥(やまぐち たかよし)元会長は1983年に法人税法違反で告発され、1985年にはマルチ商法が社会問題となって何度も国会招致されています。
当時のニュースにもなっていたほどで、2015年の桜を見る会とは比べ物にならないほどの昔から問題視されていました。

ジャパンライフの問題はこの1~2年で再浮上しただけであり、何十年も前から国会を含めて取り上げられていたわけで、安倍政権の擁護意見は全て的外れだと言えるでしょう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!