新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

上海大飯店の首相会食、総理補佐官からメディアに恫喝発言?毎日は安倍晋三首相との会食を拒否も!

*官邸
11月20日に東京の上海大飯店で行われたメディア各社と安倍晋三首相の会食で、首相補佐官から恫喝とも受け取れるような発言があったことが分かりました。

これを報道したのは週刊新潮で、記事には「同席した今井尚哉総理秘書官兼補佐官からは恫喝と受け取られかねない発言も飛びだした」と書いてあります。
その発言内容は以下の通り。

「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

このような発言が参加したメディア関係者の前で飛び交い、中には強い圧力や要請とも受け取れるような言葉があったと報道されていました。NHKの報道を記事を見てみると、桜を見る会問題で会食後から若干トーンダウンした印象があり、会食での圧力が影響している可能性が高そうです。

上海大飯店の会食には大手新聞社で毎日だけが参加を拒否しており、参加しなかった毎日の報道に関しては影響は少ないと思われます。

 

安倍総理と「ニューオータニ」一族はオカルト仲間、「前夜祭」問題を封印
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11271700/?all=1

場所は平河町にある上海大飯店。同席した今井尚哉総理秘書官兼補佐官からは恫喝と受け取られかねない発言も飛びだした様子は、まだどこにも報じられていない。その発言とは、次のような具合だ。

「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

あからさまな圧力と言われても仕方ないだろう。だが、前夜祭の明細書が存在しないことをいくら野党が攻め立てようと、メディアが粘り強い報道を続けようとも、その調査にニューオータニが協力する可能性は限りなくゼロに近いといえる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!