ヘッドライン

【消費増税】全国百貨店の10月売上がマイナス17.5%に!家電は14.2%減、新車販売も24.9%減


10月の経済統計が発表されましたが、いずれも過去最悪クラスの減少幅を記録していました。

日本の新車販売数は前年同月比で24.9%減の31.5万台となり、大手自動車メーカーは殆どがマイナスに転落。全国百貨店売上高も10月分は前年同月比で17.5%の減少を記録し、3ヶ月ぶりの大きなマイナスとなりました。

また、家電大型専門店でも売上高が前年同月比で14.2%減の2659億円に落ち込んでいます。さらには主要総合スーパー13社の月次営業情報を見てみると、イオンリテール7.7%減、イトーヨーカ堂8.8%減、ドン・キホーテ6.9%減、イズミ9.3%減、ユニー3.5%減など12社が前年割れ。

ここまでほぼ全ての数字がマイナスとなった要因は10月の消費増税だと考えられ、台風などの天候不順を考慮しても、尋常ではない減少幅となっていました。

 

商業動態統計速報(2019 年 10 月分)
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/result/pdf/h2sskihan.pdf

総合スーパー/10月売上イオン7.7%減など、増税反動減が鮮明に
https://www.ryutsuu.biz/sales/l112842.html

流通ニュースがまとめた主要総合スーパー13社の月次営業情報によると、10月の既存店売上高は、イオンリテール7.7%減、イトーヨーカ堂8.8%減、ドン・キホーテ6.9%減、イズミ9.3%減、ユニー3.5%減など12社が前年割れとなった。

唯一、PLANTのみが0.3%増となり前年を超えた。平和堂も0.4%減と前年割れとなったが、同業他社より減少幅を小さなものにとどめた。

9月に消費税増税直前の駆け込み需要が発生したことで、生活必需品を中心に反動減が生じた。台風に備えるための防災用品や保存食品などのニーズが高まった。

10月は、土日休日数が1日多かったが、台風の上陸など天候与件があり、客数が前年割れとなった企業が目立った。

総合スーパー/10月売上イオン7.7%減など、増税反動減が鮮明に
https://www.ryutsuu.biz/sales/l112842.html

流通ニュースがまとめた主要総合スーパー13社の月次営業情報によると、10月の既存店売上高は、イオンリテール7.7%減、イトーヨーカ堂8.8%減、ドン・キホーテ6.9%減、イズミ9.3%減、ユニー3.5%減など12社が前年割れとなった。
唯一、PLANTのみが0.3%増となり前年を超えた。平和堂も0.4%減と前年割れとなったが、同業他社より減少幅を小さなものにとどめた。

全国百貨店売上高、10月17.5%減-増税前駆け込みの反動や悪天候響く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-22/Q1CJJQDWX2PW01

10月の全国百貨店売上高は、前年同月比17.5%減少した。減少は3カ月ぶり。10月1日の消費増税を控えて宝飾品やブランド品など高額商品を中心とした9月の駆け込み需要の反動に加え、台風など天候不順が響いた。
減少率は2015年3月(19.7%)以来の大きさで、前回消費税率が引き上げられた14年4月の12%を上回った。日本百貨店協会が22日発表した。

自動車販売台数速報 日本 2019年
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_japan_2019


日本の10月の新車販売、前年同月比24.9%減の31.5万台
・日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した2019年10月の新車販売台数は、前年同月比24.9%減の31万4,784台となった。内訳は登録車が26.4%減の19万2,504台、軽自動車が22.3%減の12万2,280台。
・1-10月累計販売は0.5%増の446万4,469台だった。

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    > ここまでほぼ全ての数字がマイナスとなった要因は10月の消費増税だと考えられ
    .
    ネトウヨ「いや、台風のせいダー!」
    .
    しかしまあ、これを「惨状」と言わずして、何が惨状なんでしょうか?
    そして今なお、老人の健康保険料自己負担額を2割にアップ、湿布や風邪薬などの家庭医薬品を、医療費控除から外す、消費税をさらに15%に上げ、最終的には30数パーセントまで課すると?
    これぞいわばまさに、ショック・ドクトリン!
    宗主国様の真似ですなあ。
    バカ言ってんじゃねーよ!
    さっさと下野しろ、ドロボーどもめが!!

  • 匿名 より:

    その前に、政府の「今回、駆け込み需要はない」発言は何だったの??
    グラフを見たら、もの凄い勢いで立ち上がってますけど。
    そりゃ、反動も大きいはずだわ。

  • 匿名 より:

    スマソ、間違えた。
    × (湿布や風邪薬などの家庭医薬品を)医療費控除から外す
    ○ 公的保険から外す
    でした。

  • 匿名 より:

    ですよね?お金の概念変わったもん。まず現金は決済用に取っておく。服は家電や車のようにターゲットを決めて購入。ポイント集めは基本しない。安売りしてても在庫があれば買わない。これは、一回の買い物の失敗で利益が吹き飛んでしまうからだ。小銭は拾わない。迷ったらデモトレードをして…なんてやってたら、買い物が面倒になっちゃった。

  • 匿名 より:

    ツイッターより。
    >
    Angama
    @Angama_Market
    ·
    11月29日
    すっご。日本の10月の小売売上高が歴史的低下ってアルジャジーラからブルームバーグまで報道してるのに日本語で検索すると全然出てこない上に、わずかに出てくるニュースも9月からの下落幅-14%じゃなくて前年同期比の-7%の方しか載せてないし。
    .
    管理人さんのアップしてくれた記事では、「小売」としては記事はないのだが、下記の記事を指しているのだろうか。
    「前年同月比売上高 イオン 7.7%減」
    すなわち、「同年前月比 14%減」になるのか?

    >
    流通ニュースがまとめた主要総合スーパー13社の月次営業情報によると、10月の既存店売上高は、イオンリテール7.7%減、イトーヨーカ堂8.8%減、ドン・キホーテ6.9%減、イズミ9.3%減、ユニー3.5%減など12社が前年割れとなった。
    .

  • 匿名 より:

    東朝鮮中央放送、なぜか決算委員会放送しませんね

  • 匿名 より:

    消費動向で衝撃のデータ 増税の影響軽微は大ウソだった

  • ロハスな人 より:

     デフレ対策としてのアベノミクスの三本の矢のうち、『金融緩和』と『財政出動』は一定以上の効果を持ち、事実、安倍政権の初期はそれなりに経済が好調でした。
     それを全て台無しにしたのが3%の消費増税です。
     その他の格差拡大政策もあいまって、日本はアベノ不況になり、今年の世論調査でも『経済回復の実感がない』人達が8割前後(日経やTBS等の調査)という体たらくでした。
     その状況で消費増税の酷さに対する学習が無く、増税を強行したのですから、今回の惨状はこちらの管理人さんを始め、ある程度経済を見る眼のある人たちいとっては予想されたことなのです。
     そして、さらなる問題は『新車販売も24.9%減』に見られる自動車市場が国内で大きく減少したことです。
     『現在継続中の日米FTA協議』ですが、『アメリカの対日貿易赤字がゼロ』になるまでトランプ政権は強行するでしょう。
     農畜産業分野で大きく譲歩した日本ですが、農畜産業の輸入が激増したくらいではアメリカの貿易赤字がゼロになるには全然足りていません。
     遠からず、『自動車関税25%』や『為替条項の導入』などにより、自動車などの工業品輸出を間違いなく激減させられます。
     つまり、『新車販売も24.9%減』なんて、序の口なのです。
     安倍政権を支持したアホな経団連の面々はその安倍政権を支持したことから多くの日本国民を巻き込みつつ、墓穴を掘ることになったわけです。

  • 匿名 より:

    飼い主に、いくら流れてるんだろう

  • 匿名 より:

    10月以降、明らかに全てに関しての購買意欲が減っているのが、自分でも分かる。
    家の近くの個人経営の小さなスーパーが相次いで倒産してからは、ますますその傾向が強くなっている。
    ネットスーパーなどで、買いたい物だけを吟味してから購入するようになったよ。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next