ヘッドライン

日本は睡眠不足大国、「十分な睡眠がとれない」が21.7%に! 厚労省調査 日本は世界トップクラスの睡眠不足


日本人の睡眠時間は経済協力開発機構(OECD)の加盟国の中で世界最低となっています。

厚生労働省によると、睡眠で「休養が十分にとれてない」という人は全体の21.7%に上り、睡眠不足の増加傾向が続いているとのことです。
これは厚生労働省が全国3268世帯を対象に行なった「国民健康・栄養調査」の結果で、前回調査より2ポイント上昇し、睡眠不足の比率が増えていたことが分かりました。

経済協力開発機構の統計調査だと、日本の平均睡眠時間は7時間程度で、他の各国と比較して1時間ほど少ない数字が並んでいます。厚生労働省の調査ではこれがもっと悪化している可能性が高いわけで、日本は世界的に見ても異常な睡眠不足国家だと言えるでしょう。

日本人の睡眠時間が短い原因は低賃金や休みの少なさ、仕事時間の長さなどがあると言われ、国が率先して動かなければ根本的な改善は難しいと見られています。働き方改革でも残業代が減っているわけで、日本の労働環境がそのまま睡眠時間に直結している形です。

 

平成30年「国民健康・栄養調査」の結果
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08789.html

睡眠不足の割合が2割超 増加傾向続く 厚労省調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200114/k10012245471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

睡眠で休養が十分にとれてないという人は全体の21.7%に上り、増加傾向が続いていることが厚生労働省の調査で分かりました。
厚生労働省はおととし11月に「国民健康・栄養調査」を実施し、無作為に抽出した全国3268世帯から回答を得ました。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    憶測でしかないけど、イタリアやスペインでは「シエスタ」といって、昼間からがっちり休むスタイルでしたよね。日本人の「気質」からして、単に睡眠時間を増やそうってんなら、生活様式から変えないとね。夜の10時過ぎてからまたネットみたりゲームしたりしてるんでしょ?5時15分になったら定時で帰宅し、21時には就寝する、みたいなスローガンでも作らないと。でもそんなワケにはいかないでしょうね。

  • 匿名 より:

    毎月500㌦を支給する実験をカリフォルニアのストックトンで行われた
    すると引っ越しをして通勤時間を削減したり、残業を減らし
    無理な労働をしなくなったりと金銭的な余裕が休息する時間をもたらした
    賃金が低いほど人々は労働に明け暮れ休息し物事を静観する時間をなくす
    それ故にふしだらな政権が台頭し存続することが可能になる
    日々の生活に追われて考える余裕をなくしてしまうのは
    ナチスが生まれる前のドイツと同じだ

  • 芋田治虫 より:

    「毎月500㌦を支給する実験をカリフォルニアのストックトンで行われた
    すると引っ越しをして通勤時間を削減したり、残業を減らし
    無理な労働をしなくなったりと金銭的な余裕が休息する時間をもたらした
    賃金が低いほど人々は労働に明け暮れ休息し物事を静観する時間をなくす
    それ故にふしだらな政権が台頭し存続することが可能になる
    日々の生活に追われて考える余裕をなくしてしまうのは
    ナチスが生まれる前のドイツと同じだ」
    ワイマール共和国=ナチス
    とか、ドイツ帝国とナチスは同じであるかのような意見があるが、ワイマール共和国もドイツ帝国もナチスと無関係。
    そんなのは、ナチスっぽいものやナチスとは関係ないものと、ナチスやそれと同類のものの区別がつかないか、同じという奴のたわごと。
    ただし、治安維持法ができた、日本が大正時代末期の時と、同じようになっているのは間違いない。
    大正時代末期の治安維持法ができた時の日本は、ワイマール共和国やファシストイタリアより自由がない国だったからな。

  • 芋田治虫 より:

    日本が睡眠不足なのは、ブラック企業はもちろん、働かされすぎのせい。

  • 芋田治虫 より:

    2020年1月15日 2:40 PM
    そもそも、ナチスがワイマール共和国建国時から、議会や世論に大きな影響を与えていたわけでも、ワイマール共和国をナチスが作ったわけでも、ましてやドイツ帝国の王族や、貴族がナチスを作ったわけでもない。

  • 匿名 より:

    こんだけ人を不幸にする政策や法律を作ってんだから
    もうワザとやってるという事に気づかないと。
    こんなことを悪意無しにやってるというのなら
    政治家や官僚は相当レベルの知能の低い集団という事になる。

  • 匿名 より:

    仕事中に寝ていても問題にならない国会議員がルールを作ってるからね

  • 芋田治虫 より:

    2020年1月15日 2:52 PM
    国連の意見を無視とは言わないが、ないがしろにしているところが多い国だから、今みたいなおかしな国になった。
    実際に国連事務総長で、偉人伝に載った人1人もいないし。

  • 匿名 より:

    単純に雇用の問題だと思うけどね。
    先進国で年功序列の終身雇用制を取っているのは日本だけだろう。
    欧米では専門の職能を活かして雑用などはしないし、他社への移動もしやすい環境にある。
    でも日本では、終身雇用の名の下に「24時間戦えますか?」と会社との結婚を強要される。
    人事評価も恣意的で、雇用の安定と引き換えに労働者の権利が奪われるんだよ。
    高度成長時代はそれで良かったかもしれないけど、今はその弊害ばかりが目立っている。

  • 関西人 より:

    〉匿名
    2020年1月15日 2:52 PM
    こんだけ人を不幸にする政策や法律を作ってんだから
    もうワザとやってるという事に気づかないと。
    こんなことを悪意無しにやってるというのなら
    政治家や官僚は相当レベルの知能の低い集団という事になる。


    上記匿名さんに同意。
    ただ、日本の駄目なところは、【 学校教育 】から始まっていますから、
    なかなか難しい。


    私自身は、せめて仕事で携わる子供達が【 自分の人生は自分で掴みとる 】事が出来る様、
    出来うる範囲で、【 生き抜く強さ・思考力を養える教育を 】、と思い、実践し続けています。

  • 匿名 より:

    日本政府の経済テロのおかげでな!

  • 匿名 より:

    日本の中枢(霞が関の公務員)の睡眠時間が4〜5時間未満だろ?
    まだまだ長いな。

  • 匿名 より:

    日本の中枢(霞が関の公務員)の睡眠時間が4〜5時間未満だろ?
    まだまだ長いな。

    じゃあ中小企業の労働者にはもっとギリギリと寝ないで働いてもらおうかw

  • 匿名 より:

    とても良い記事です。
    社会科学や健康の研究でも、睡眠時間はよく研究されています。
    ストレスとの関連も指摘されています。
    加えて、子どもの睡眠時間も世界で最も少ないとの研究もあります。
    日本社会自体がブラック化している1つの証です。
    みんなが普通に眠れる社会を目指しましょう。

  • 匿名 より:

    日本では通勤に片道1時間半など普通である。
    これが睡眠不足の一因だと思う。
    そして、睡眠不足で翌日また通勤に1時間半・・・。これが連日続く。
    睡眠不足は生産性にも大きく影響するよ。

  • 匿名 より:

    ・007は2度死ぬ
    ・藤原直哉によると、中国は100度死ぬ。(そしてまだ生きている!)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next