新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日銀が口座手数料(預金料金)の導入を視野に報告書!「コストをまかなえない恐れ」「海外の仕組みを参考に」


日本銀行が口座手数料の導入を視野に入れた報告書をまとめました。

日本銀行は報告書の中で、現行の取り引きごとに手数料を取る今の仕組みではコストをまかなえないおそれがあるとして、口座維持そのものに手数料を定めるべきだと指摘。制度導入には海外の事例が参考になるとも言及しており、日本の金融機関の収益が改善されるだろうとまとめていました。

既に大手金融は次々と手数料の値上げに踏み切っていますが、それでも採算はかなり厳しい状態になっています。

ただ、預金口座の維持手数料は国民負担に繋がるとして、世論からは否定的な意見が根強いです。消費増税と合わさって国民の懐を冷やす可能性が高く、政治家や経済学者の間でも口座手数料の導入については意見が割れていました。

一方で、日銀のマイナス金利政策が大手金融を苦しめている最大の原因となっていることから、日銀が金融政策を変えれば全て解決するとの指摘も多いです。

 

日本銀行報告書
https://www.boj.or.jp/research/brp/psr/psrb200210.htm/

日銀 金融機関“口座管理手数料 海外の仕組み 参考にすべき”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200211/k10012280981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

低金利で収益が低迷している金融機関が、相次いで振り込みの手数料などを値上げしています。日銀は取り引きごとに手数料を取る今の仕組みではコストをまかなえないおそれがあるとして、口座を管理する手数料を取る海外の仕組みなども参考にするべきだという報告をまとめました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!