新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウィルスが免疫細胞に感染との報告!患者の大半で白血球が減少し免疫不全か 最悪は多臓器不全の恐れ

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した患者の多くで免疫細胞の数が減少していたとの報告が報じられています。

これは海外メディアが実際の調査データや論文から判明した情報だとして取り上げているもので、新型コロナウィルスが免疫細胞に感染し、それによって白血球が減少。白血球の減少によって免疫不全を起きて、重症の場合は肺炎から多臓器不全まで陥る場合があるとしています。
中国では多数の突然死が報告されていますが、この調査報告の内容と不気味なほどに一致していると言えるでしょう。

また、エイズ(HIV)由来のタンパク質も含まれているとして、従来のコロナウイルスとは全く別の新種だとまとめられていました。

いずれの情報も確定的とは言えませんが、事実だとすれば驚異的な内容であり、今後も調査が必要になりそうです。

 

Scientific Puzzles Surrounding the Wuhan Novel Coronavirus
https://www.theepochtimes.com/scientific-puzzles-surrounding-the-wuhan-novel-coronavirus_3225405.html

以前の研究では、SARS-CoVのアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)など、さまざまなコロナウイルスが結合するいくつかの受容体があることが示されています。 ACE2受容体は、特に肺および小腸の上皮内層に沿ってヒト組織に豊富に存在し、SARS-CoVの細胞への侵入経路を提供します。

LuらのLancet論文によると、SARS-CoVと2019-nCoVの受容体結合ドメインには構造的な類似性があります。 2019-nCoVスパイクタンパク質(Sタンパク質)は、細胞受容体への結合を担い、宿主組織のウイルスターゲティングに不可欠です。 Lu et。による分子モデリングデータ。 al。 2019-nCoV受容体結合ドメインにアミノ酸変異が存在するにもかかわらず、2019-nCoVはACE2受容体を使用して宿主細胞に侵入する可能性があることを示唆しています。

2020年1月21日、Xintian Xu等。上海のパスツール研究所、中国科学院、中国科学院、中国科学アカデミー、パスツール研究所、分子ウイルス学および免疫学の主要研究室から、「現在進行中の武漢の発生とそのスパイクのモデリングからの新規コロナウイルスの進化」という論文を発表しましたSCIENCE CHINA Life Sciencesの「人への感染のリスクのためのタンパク質」。この論文は、武漢2019-nCoVのSタンパク質のより正確な分析を提供しました。

Sタンパク質は通常、コロナウイルスの他の遺伝子ドメインと比較して最も可変性の高いアミノ酸配列を持つことが知られていました。しかし、武漢CoVとヒトに感染するSARS-CoVの間のかなりの遺伝的距離、および武漢CoV Sタンパク質とSARS-CoVの全体的な低い相同性にもかかわらず、武漢CoV Sタンパク質にはいくつかの配列のパッチがありましたSARS-CoVのそれと高い相同性を持つ受容体結合(RBD)ドメイン。 SARS-CoV Sタンパク質の442、472、479、487、および491位の残基は、受容体複合体の界面にあることが報告されており、異種間およびSARS-CoVのヒトからヒトへの伝播に重要であると考えられた。驚いたことに、5つの重要な界面アミノ酸残基のうち4つを置換したにもかかわらず、Wuhan CoV Sタンパク質はヒトACE2に対して有意な結合親和性を持っていることがわかりました。武漢CoV Sタンパク質の位置442、472、479、および487の置換残基は、構造コンフォメーションを変更しませんでした。武漢CoV Sタンパク質とSARS CoV Sタンパク質は、RBDドメインでほぼ同一の3-D構造を共有しているため、相互作用界面で同様のファンデルワールスと静電特性を維持しています。したがって、武漢CoVは、Sタンパク質とACE2の結合経路を介したヒトへの伝播に対して、依然として重大な公衆衛生上のリスクをもたらす可能性があります。」(強調を追加)
*翻訳そのまま

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!