ヘッドライン

南米ペルーのウビナス火山で噴火!政府が非常事態宣言、約3万人が避難!300回ほどの火山性地震も!


南米ペルーのウビナス山で大規模な火山噴火を観測しました。
噴火が発生したのは7月19日午前2時頃(日本時間16時)で、1万メートルを超える規模の黒煙も観測されています。その後も噴火が多発し、この数日間で300回を超える数の火山性地震が発生。
地元当局は非常事態を宣言した上で、2万9000人の周辺住民に避難を呼び掛けています。

黒煙は国境を超えて隣国のボリビアにも流れ込み、現在進行系で被害範囲が拡大しているところです。今回の噴火は過去400年間の中で最大級と見られ、ウビナス山の周辺住民からは驚きの声が相次いでいます。

 

↓噴火の様子

ペルーのウビナス火山  活発化と噴火を観測
https://jp.sputniknews.com/incidents/201907246506440/

ペルー地球物理学研究所は、ウビナス火山の噴火を観測した。同火山では活動の活発化がすでに数日に渡り観測されており、数時間のうちに新たな噴火が予想されると、同研究所が発表した。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next