新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

最長2年の緊急事態宣言、与野党が党首会談で意見調整!安倍首相「各党から建設的な意見をいただいた」

3月4日夕方に与野党の党首らが集まって会談を行い、新型インフルエンザ等対策特別措置法に新型コロナウイルス感染症の規定を追加する改正案について意見調整をしました。

この改正案は最長2年の緊急事態宣言となる見通しで、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正することで実施が可能になるとしています。
法案が成立すれば、外出の自粛要請や大きな施設の使用中止を指示することが可能となり、安倍首相は党首会談を通して野党にも協力を要請しました。

野党からは人権制限などで懸念の声があることから、この点で何らかの調整を行ったと見られています。
与野党が合意して挙国一致の姿勢を示すことが出来るのかどうかに注目が集まっている状態で、与党は引き続き法案の早期成立を目指して調整作業を続ける方針です。

一方で、野党側は立憲民主党や共産党が現行法でも問題がないとして、明日にも新型インフルエンザ等対策特別措置法で緊急事態宣言を出すべきだとして安倍首相に提言。
他にも新型コロナウイルスに伴う損失への財政支援やPCR検査を急ぐための議員立法の成立などでも意見交換が行われたとしています。

 

「非常事態宣言は最悪の事態を想定」安倍総理、党首会談で特措法改正への協力要請
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00010038-abema-pol

安倍総理は4日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に新型コロナウイルス感染症の規定を追加する改正案について、与野党党首会談を行い法改正に向けた協力を要請した。
会談を終え安倍総理は「各党の党首から建設的な意見をいただいた。国家的な危機にあっては与党も野党もなく、政府としてもお願いすべきは率直に協力をお願いしていきたい。特措法の改正について一日も早い成立を目指していきたい」とコメント。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!