ヘッドライン

27ヶ国が日本を入国制限の対象に!63の地域と国が日本人の入国後行動制限、新型コロナで規制強まる

入力不要(ここは表示されません)

*世界地図
3月7日に外務省が日本人の入国や行動を制限している国の一覧を公開しました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止から日本を入国制限の対象としている国は27カ国・地域で、イスラエルやイラク、インドなどは日本からの入国をほぼ全面禁止。

また、入国制限よりは緩いですが、日本からの入国者に検査や経過観察、行動範囲などの制限を設けている国と地域は63カ国となっています。

ロシアだと入国制限は無いですが、ちょっとでも体調不良があれば隔離措置の対象となる恐れがある上に、北海道からサハリン州に到着した外国人に対しては症状の有無にかかわらず、14日間の隔離処分を行うとしていました。この措置に応じない者には行政罰が科され、合わせて強制措置を行うとしています。
入国制限と行動制限をセットで運用している国も見られ、日本を規制対象にしている国はジワジワと増えているところです。

●入国制限を行っている国と地域は以下の通り。

イスラエル、イラク、インド、ガーナ、韓国、キリバス、キルギス、クック諸島、コモロ、サウジアラビア、サモア、ジブラルタル、シリア、ソロモン諸島、ツバル、トリニダード・トバゴ、トルクメニスタン、ネパール、バーレーン、バヌアツ、ブータン、仏領ポリネシア、マーシャル、マレーシア、ミクロネシア、モンゴル、レバノン

●入国後に行動制限措置がとられている国・地域は以下の通り。

アゼルバイジャン、アルメニア、イスラエル、インド・ケララ州、ウガンダ、ウクライナ、ウズベキスタン、エクアドル、エチオピア、ガイアナ、カメルーン、キプロス、キューバ、クウェート、クロアチア、ケニア、コートジボワール、コスタリカ、コロンビア、ザンビア、シエラレオネ、ジブラルタル、ジョージア、ジンバブエ、スーダン、赤道ギニア、セネガル、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント、セントルシア、タイ、台湾、タジキスタン、中国、チリ、トーゴ、トルクメニスタン、トルコ、ナイジェリア、ネパール、バーレーン、パラグアイ、パレスチナ、ブータン、仏領ポリネシア、ブルネイ、ブルンジ、ベトナム、ベナン、ベネズエラ、ベラルーシ、香港、マリ、マルタ、南アフリカ、ミャンマー、モナコ、ヨルダン、ラオス、ラトビア、リベリア、ロシア

 

新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

入力不要(ここは表示されません)

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    実質世界に存在する半分近い国との交流が阻害されている状態とは、資源を持たない日本としては致命的な状況だ。他国に認められるレベルの収束めどなんて今の対応ではまず立たないし詰んだな。

  • 匿名 より:

    輸送止めるって言ってるわけじゃないのだから積みはしないでしょ
    この状態が長く続くことを見越して、国内生産、内需拡大はしておきたいかな

  • 匿名 より:

    オリンピック選手団は派遣できなません、って言ってるのと同じ。
    日本人を受け入れられないのだから、彼らの国々から日本には来ない。
    ボイコットではなく、行けない、参加できない。
    そういうことですよ。

    日本は多分、検査体制整わないではなく、整えないで感染者数を調整してるのです。
    そう思いますよ。

  • 匿名 より:

    こんな国難の時に、とんでもない閣議決定されてるよ。
    3/3、パート、短時間勤務者の厚生年金対象拡大が柱の年金改革法案が閣議決定されてる。
    企業要件が2022年10月に101人以上、24年10月に51人以上に引き下げられる。
    企業の保険料負担は約1600億円のよくある低め試算。
    法案成立後は確実に対象者の給与は減り、企業は半額折半分の利益が減る。
    これに備えてすぐ、確実にリストラ、早期退職募集、勤務時間短縮が行われるはず。
    働いても働いてもわが暮らし楽にならずに一直線の法案。
    死ぬまで働け、年金もらうな、税金と年金保険料はたくさん納めろって事。
    これからの日本人の多くが地獄を味わうことになると思う。
    年金制度に深く関与してきたのは長期政権政党である自民党政権。
    年金崩壊といわれてる責任はどこにあるかは誰にでもわかると思う。

  • 匿名 より:

    茂木→各国に解除お願い回り

    自分で巻いた種を自分で始末できないとは、世界に無能であることをひけらかすようなもんだな。情けない政府だよ。

  • 匿名 より:

    5:16 PM
    輸送止めるって言ってるわけじゃないのだから積みはしないでしょ
    この状態が長く続くことを見越して、国内生産、内需拡大はしておきたいかな

    ネトサポの弱々しい擁護、ワラ
    そのうち輸送も行き詰まるんじゃね?
    (船舶も検疫で足止めされるとか、輸送船が日本に来たがらないとか、しないのかね?)
    .
    しかも「国内生産、内需拡大」しろって?!
    馬鹿じゃねーの?
    もう製造ラインも技術も海外に移転し、熟練労働者も居なくなった。
    国内で生産しようったって、できないんだよなー w
    「海外の人件費が安い」から、雪崩を打って出て行った末路だ。
    おまけに材料も輸入しないと無いしね。
    日本、完全に詰んだ。
    .
    あと、オリンピックは終わったね。
    中止だ、中止!

  • 匿名 より:

    6:02 PM
    茂木は安倍が一斉休校に関する記者会見をした日に、朝から知人とゴルフやってたよ

  • ロハスな人 より:

     世耕氏が『安倍首相退任は世界が許さない』とコメントされてますね。
     本当に世界が許さないのは『新型コロナウィルスの蔓延』だとこの件からもわかります。
    ⚪安倍首相退任「世界が許さず」 自民・世耕氏、4選に期待(時事情報ドットコムより)

  • 匿名 より:

    安倍首相、続投は世界が許さない。

  • 匿名 より:

    そら、安倍ちゃんが「小中高の登校禁止」にしちゃったから、
    世界中が
    「すわっ! 日本はそんなに危険か!?」
    と警戒しちゃったし。
    東京オリンピック、どうなるやら?

  • 匿名 より:

    自国の国民の安全を守れない政府は政府じゃない。単なる集金マシンだろ。安倍界隈が辞任を認めないのは、これまでの犯罪が処罰されるからだろ。世界の意識から孤立してるね。

  • 匿名 より:

    オリンピックは今日の相撲みたいになるかな?
    “相撲の四股はウィルスを大地に封じ込める力がある” だって!

  • 匿名 より:

    まあ輸送も減るし内需拡大なんて夢のまた夢だね。

  • リアルゴリラ より:

    >2020年3月8日 7:01 PM ロハスな人様
    >安倍首相退任は世界が許さない
    ある意味で間違っていないのではないでしょうか? これまで安倍ボン政権は日本の国益を世界中に国民を顧みる事無くバラ撒いてきました。 安倍ボンが訪れてきて笑顔で握手する画をカメラで撮らせるだけで大金が舞い込んでくる ”外交の安倍” ならぬ ”援交の安倍” ですからねー。 パパ活諸国は美味しい資金源をむざむざ自ら手放す事はしないでしょうね。 それでなければ「コロナ拡散の責任追及と断罪をしてから退任しろ」って事かも。
    ちなみにオネム甘利氏はツイッターで「クルーズ船のコロナ対応を今度は米国が迫られています。日本の対処が評価され問合せが来ています」と発言。 ”反面教師” や ”失敗から学ぶ事の方が多い” 等の諺を無視して超プラス思考で捉えている様ですねー。
    安倍ボン本人やその取り巻き連中はお得意の ”解釈の変更” を多用して意図的に歪めて ”変換&発信” いる様ですねー。

  • ロハスな人 より:

    リアルゴリラ様>
    「コロナ拡散の責任追及と断罪をしてから退任しろ」って事かも。>
     今までは『金蔓の安倍政権』には長続きして欲しかったでしょうが、新型コロナ肺炎騒動で『世界の工場の中国』の生産がストップ➡️世界経済が破綻寸前(ポンコツ安倍政権が下手に続いた方が経済損失が大きいに変化)…という現状ではおっしゃるように『コロナ拡散の責任追及と断罪をしてから退任しろ』に変わったように思います。
     なお、『ここ1~2週間が山場』が約2週間続いた茶番劇は『政権が潰れるかどうか』の話だったのではないでしょうか?(苦笑)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next