新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国の1~3月期GDP、史上初のマイナス成長に!前年同期比で-6.8% 企業活動が壊滅的被害!従業員解雇も

中国のGDP(国内総生産)が史上初のマイナス成長となりました。

4月17日に中国の国家統計局が発表した2020年1月から3月のGDPはマイナス6.8%になり、2008年のリーマンショックを含めて過去最悪の数値を更新。
新型コロナウイルスの影響が直撃した形で、企業活動全般が壊滅的な被害を受けていました。

また、1月から3月の輸出額も前年同期比で11.4%の減少となっており、貿易黒字額は80.6%も減っています。

あまりにもマイナス幅が大きいことから、企業によっては従業員を解雇する動きも見られ、これから経済面への影響も目に見える形で拡大することになりそうです。
日本にとっても他人事ではなく、世界大恐慌のトリガーとなる可能性もあると言えるでしょう。

 

中国1~3月GDPー6.8% 統計の公表以降で初のマイナス
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200417/k10012392341000.html

中国のことし1月から先月までのGDP=国内総生産は、去年の同じ時期に比べてマイナス6.8%となりました。四半期ごとのデータが公表されている1992年以降、GDPの伸び率がマイナスになるのは初めてで、新型コロナウイルスの感染拡大による中国経済が受けた深刻な打撃がデータで裏付けられました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!