新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

確定申告の期限、今月17日以降も延長対応へ  国税庁が方針 「17日以降も期限を区切らず」 


国税庁が確定申告の期限を4月16日以降も受け付ける方針に変更すると発表しました。

新型コロナウイルスの影響で確定申告の期限が3月16日から4月16日に延期され、既に9割前後が申告作業を終えたとNHKは報じています。

4月6日に政府が緊急事態宣言を発令すると発表したこともあり、国税庁は「柔軟に申告を受け付けるので、無理な外出をして税務署に来ることがないようにしてほしい」と呼び掛け、4月17日以降も確定申告を認めるとしていました。

アメリカだと夏頃まで確定申告の期限が延期になっているだけに、個人事業主などからはこの対応に喜びの声が相次いでいます。
ただ、現時点で受付の最終期限に言及はなく、4月17日以降は何処まで延長を認めるのか分かっていないです。

 

確定申告の期限 区切らず柔軟に受け付け 国税庁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200406/k10012370391000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国税庁は6日、ことしの確定申告の期限までに申告が難しい場合には期限を区切らずに柔軟に申告を受け付けると発表しました。
ことしの確定申告の期限は当初、所得税と贈与税が先月16日まで、個人事業主が支払う消費税は先月31日までとなっていましたが、国税庁は申告会場の混雑を緩和し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、確定申告の期限を今月16日まで1か月程度延長していました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!