新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島原発事故時の対応拠点「Jヴィレッジ」で中学生7年ぶりに試合!20キロ圏内で営業再開へ


福島原発事故時の対応拠点として使われたサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)が営業を再開しました。

7月28日に約7年4ヶ月ぶりとなる地元中学生らによる記念試合を行い、参加した福島県の内堀雅雄知事は「どんな困難も克服できるという光を国内外に発信する拠点となる」と発言。
Jヴィレッジの営業再開を歓迎するとして、今後も利用の拡大を目指すとしてます。

一方で、福島原発20キロメートル圏内にあることから放射能のリスクなどが残っている状態で、かつての警戒区域を開放していることに疑問の声も多いです。

 

Jヴィレッジ7年ぶりに再始動
https://jp.reuters.com/article/idJP2018072801001634?

 東京電力福島第1原発事故の対応拠点として使われたサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)は28日、スタジアムなど主要施設の営業を再開した。中学生の記念試合が行われ、東日本大震災と原発事故で休止して以来、約7年4カ月ぶりに活気が戻った。復興のシンボルとして地元の期待が高まる。

Jヴィレッジ
https://ja.wikipedia.org/wiki/J%

福島第一原子力発電所事故が発生し、同原発から20キロメートル圏内にあることから避難指示区域、後に警戒区域に入ったため、翌3月12日から別の場所への避難を開始した[1][9]。同施設を拠点に活動しているJFAアカデミー福島[注 2][10] およびTEPCOマリーゼ[11] は避難を余儀なくされた。

同年3月15日、施設は国に移管され[1]、陸上自衛隊のヘリコプター機体および隊員が放射性物質を除去するための除染場所となり[12]、同年3月18日には政府・東京電力・陸上自衛隊および警察や消防が原発事故に対応する「現地調整所」を設置し、前線拠点として本格的に運用を開始した[9][13][14]。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!