新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米山前新潟県知事、つるの剛士を論破!つるの氏「僕は自民党側ではない」米山氏「安倍総理にお疲れ様と」


芸能人のつるの剛士と米山隆一・前新潟県知事がツイッターで言い争いをした結果、つるの氏が論破されてしまったと話題になっています。

キッカケとなったのはつるの氏が2011年の東日本大震災時に投稿した「政治がこれじゃ、、大地も怒りますよね。。 ( ゜3゜)ノ♪☆」というようなツイートです。

このツイートを引用する形で米山知事が「震災時のこんなTWが出てきます。勿論これも自由です。でも氏は、どう見ても『未曾有で大変な時』に『今頑張ってる全ての人』を『皆んなで励まし労い合』ってなどいません。ただ単に自民党側で頑張っている人だけを励まし労っています。それなら正直にそう言いなよと、思います」などと指摘したところ、つるの氏は「僕が自民党側?勝手な憶測でツイートするのやめて貰っていいでしょうか?」と猛反発。

更に続けて、知事時代の週刊誌記事を掘り下げる形で「個人的には貴殿の2018年の現職知事の買春行為の方が記憶に新しいですし衝撃でした」などとコメントを続けていました。

これに対して米山氏も「真面目にレスしますと、世の中には安倍総理も自民党も好きでない人も沢山いるのに『安倍総理にお疲れ様と言おう』と言う時点でそれは安倍総理・自民党を応援しています。それは何も悪い事ではないのに、わざわざ『皆さんを応援してます』と言う善意のベールで覆い隠す事が格好悪いと私は言っています」と反論し、つるの氏が善意のベールで自民党応援の方向に誘導していると言及。

つるの氏の政治姿勢に疑問を投げ掛け、自民党や安倍政権を応援しているのならば明言してするべきだと強調していました。

つるの氏は安倍政権寄りの政治的な発言が多く、政治系芸人としてしばらく前からネット上でも注目を浴びていた人物です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!