新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都の病床数でも統計問題が発覚!数値修正でグラフが変な形に・・・ 4月末で2000床⇒3300床に変更


東京都の病床確保数を少ない数値で発表していたことが分かりました。
これはジャーナリストの楊井人文氏が伝えた情報で、今まで4月末の時点で確保していた病床数は2000床としていましたが、実際には3300床を確保していたことが発覚。

しかも、入院患者数も実際よりかなり多く発表していたことが明らかになり、使用率が100%前後だと言われていた東京都の実際の病床使用率は4月末時点で60%、重症病床使用率は25%となりました。
入院患者数の数値変化を反映したことから、東京都のグラフも異常な形となっています。

政府が緊急事態宣言を延長した理由の一つに「医療機関の切迫」というような項目があり、意図的に数値を改ざんしていたとすれば、大問題になると言えるでしょう。
現時点では数値が変わっていた理由は不明ですが、他にもPCR検査数などで何度か数値修正があったことも気になる部分で、東京都や国の集計体制はどうなっているのか疑問を感じるところです。

 

東京都 入院患者数
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

東京都、病床確保数も不正確と認める 緊急事態宣言延長前2000→3300床に修正
https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20200604-00181747/

 東京都が緊急事態宣言延長前、新型コロナウイルス感染症患者の入院者数を実際よりかなり多く発表していた問題に続き、病床確保数を少なく発表していたことが判明した。都はこれまで病床確保数について、4月末時点で2000床、5月11日に3300床に拡大した、としていたが、実際は、4月末時点で3300床確保していたことが、都への取材でわかった。厚労省は最近、都から訂正報告があったことを認めた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!